足利織姫神社へ行ってきた【栃木の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは足利織姫神社です!

足利の中でも有名な神社で、縁結びのパワースポットとして有名です。

足利へ行ったらぜひ一度訪れてみて欲しい神社です!

ちく

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:JR両毛線「足利駅」より 徒歩15分
  • 御利益:縁結びなど
  • 例大祭日:春季大祭 5月5日 秋季大祭 11月3日
  • 創建:1705年

御由緒

1705年に土地住民により創建された。のちに通4丁目の八雲神社の境内社としてまつられた。そして織姫神社は1879年8月24日に通4丁目の八雲神社から織姫山に遷座されたが、1880年9月10日に火災により焼失した。しばらく仮宮のままであったが、1934年に再建事業を開始し、1937年に現在の社殿が完成した。平等院鳳凰堂をモデルとしたという。

 

※Wikipediaより引用

実際の様子

私は鑁阿寺の方から、足利織姫神社へ歩いて向かいました。

朱色の歩道橋は、神社の鳥居の色を彷彿とさせる色合いでした。

拝殿まで続く階段

しかし、歩道橋のそばにあるこちらの神社の一の鳥居は石で出来ている鳥居なので朱色ではありませんでした。

小高い山のようになっている場所にある足利織姫神社の社殿までは長い階段が続きます。

全部で229段!

左側通行で上っていきますよ〜!

左右の手すりはまるで立派な造りの橋のようですね。

階段のところどころに置かれてあるものは、ライトです。

夜間ライトアップを行なっている期間だったので、夜はこのライトが光っていたのだと思います

私は夜までいなかったので実際にその様子を見ることは出来ませんでしたが、ネットでもライトアップの様子の写真はたくさん載っているので、気になる方はチェックしてみましょう!

半分くらい上ったところで振り返って見ると、新緑の季節の青紅葉が綺麗でした!

きっと紅葉シーズンも綺麗ですね!

 

途中に二の鳥居があります。

ここまできたらあともうちょっとです!

 

でも上り疲れたので、二の鳥居の手前でちょっと休憩…

すると、3体の像が並んでいました。

この3人の人物は、足利トリコットのゆかりのある人物です。

足利トリコットは、この地で生産している生地(布)のことです。

 

休憩を挟みつつ、社殿へ向かって再スタート!

良い緑〜!ここまできたらもうすぐゴールですよ!

手水舎

先ほどの階段を上りきると、左手に手水舎があります。

こちらで手を清めました。

社殿

手水舎で手を清めたら、この階段を上って社殿へ向かいます。

もう社殿の頭がチラッと見えていますね。

 

階段を上って、社殿へ到着〜!社殿前にももう少し階段がありますが…ここまで上ったらもうほぼ無いに等しいと感じるはず!

こちらへ参拝させて頂きました!

社殿の近くに、鐘が設置されています。

愛の鐘と言う名前のこの鐘は、恋人の聖地であるこの場所のシンボルの1つです。

足利織姫神社は、産業振興と縁結びのパワースポットとして、2014年に恋人の聖地として認定されました。

この鐘は、それを祝って設置された鐘なのです。

 

2人でこの鐘を鳴らすと幸せになれるとされています。

境内から見渡す景色

229段の階段を上った先の社殿周辺は、高台のようにもなっています。

なので周辺の景色を高い場所から見渡すことが出来るのです。

周辺の景色をこうして見ると、足利と言う地は長閑な場所だなぁと思いました。

都会の喧騒から離れ、息抜きするのに良い場所ですね!

2019年1月下旬に再訪!平日午後の境内の様子

東武鉄道沿線の神社仏閣を巡るイベント「開運!ご神仏めぐりシールラリー」の1つがこちらの神社でした。

その為、再び神社へ再訪!平日の午後3時頃に伺いました。

社殿の周辺には人はほぼいませんでした。前回は混雑している中の参拝だったのですが、今回は静かな雰囲気の中、参拝させて頂きましたよ~

前回は撮影しませんでしたが、今回は社殿の前からも境内の様子を撮影しました!

普段はこんなに静かなんですねぇ。人が多かった時とは違う、新たな織姫神社の魅力に触れることが出来ました!

御朱印

御朱印の初穂料は300円です。

こちらの神社には御朱印だけでなく、オリジナル御朱印帳もあります。

オリジナル御朱印帳は公式サイトに画像が載っています

2018年4月に頂いた御朱印

はじめての参拝で頂いた御朱印はこちらです。

中央に足利織姫神社と墨書きされています。

GW中と言うこともあり、御朱印待機列は行列が出来ていて、頂くまでに30分くらい並びました。

2019年1月に頂いた御朱印

2度目の参拝で頂いた御朱印はこちらです。

同じ女性の方に書いて頂きました。繁忙期は書き手の方が2人いましたが、平日はこの女性の方1人でしたよ~

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 栃木県足利市西宮町3889
電話番号 0284-22-0313
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR両毛線「足利駅」より 徒歩15分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

足利織姫神社の階段のすぐ隣に法玄寺があります。

【足利】法玄寺へ行ってきた【栃木の寺院】

 

足利エリアには他にも歴史の深いお寺鑁阿寺八雲神社伊勢神社があります。

【足利】鑁阿寺(ばんなじ)へ行ってきた【栃木の寺院】 足利総鎮守 八雲神社へ行ってきた【栃木の神社】 足利伊勢神社へ行ってきた【栃木の神社】

 

足利駅から少し離れると、足利厄除大師として名前が知られている龍泉寺ピンポン寺と言う名前で知られている徳蔵寺があります。

【足利】龍泉寺へ行ってきた【栃木の寺院】 【足利のピンポン寺】徳蔵寺へ行ってきた【栃木の寺院】

 

更にあしかがフラワーパークの方へ進んでいくと絵入り御朱印を描いて下さる萬福寺寺岡山元三大師龍雲寺があります。

【足利】萬福寺(まんぷくじ)へ行ってきた【栃木の寺院】 【足利】最近御朱印が話題のお寺!日本唯一のいじめ除け観音のいる寺岡山元三大師へ行ってきた【栃木の寺院】 あしかがフラワーパークのすぐ近く!龍雲寺へ行ってきた【栃木の寺院】

 

栃木県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

栃木観光の参考にしてみて下さい!

【限定御朱印情報もあるよ!】王道から穴場まで!栃木で御朱印を頂くことが出来る神社&お寺まとめ

 

足利へ観光に行く時に参考にして貰いたい記事

「素通り禁止足利」と言うキャッチフレーズで知られる栃木県足利市。

実際に足利へ行って1日観光を満喫した私がまとめた記事があるので、足利へ観光へ行く予定の日とは是非参考にしてみて下さい!

【栃木】1日で足利を満喫するプランを提案します!

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

旅ブログ「ちくとりんご」で足利満喫プランの記事を公開中!

ちくブロで公開している足利観光の記事を更にコンパクトに読みやすくまとめた記事を、もう1つの運営ブログである「ちくとりんご」で公開中です!

ぜひこちらも合わせて読んでみて下さい!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。