【笠間】常陸国出雲大社へ行ってきた【茨城の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、茨城県笠間市にある常陸国出雲大社ひたちのくにいずもたいしゃです。

長閑な田舎に鎮座する出雲大社です。勧請元は全国的にも有名な島根県の出雲大社!

こちらの記事では常陸国出雲大社の魅力をたっぷり紹介していきたいと思います!

有名なパワースポット!出雲大社へ行ってきた【島根の神社】

神社の概要

  • 御祭神:大国主大神
  • 御利益:縁むすび、国土守護、農林豊穣、水産豊漁、商売繁盛、開運招福、厄除方位除
  • 例大祭日:春季大祭 5月第3日曜日 秋季大祭 10月第3日曜日
  • 創建:1992年

御由緒

平成4年12月4日、島根県出雲大社よりご分霊をご鎮座。
「日本文徳天皇実録」(によると、ご祭神大国主大神は、神代の昔、常陸の国(現在の茨城県)の少彦名神と共に国づくりに励まれたと伝えられています。
大神は天照大御神に国土をお譲りになり、日本の建国に大きな功績をお立てになりました。これより、国土の守護神・大地主大神として仰がれ、農業・漁業・医療の神、また縁結びの神として、幸運開運・商売繁盛・災難除け、さらには人間の死後の霊魂をご守護・お導き下さる幽冥主宰大神として、実にそのご神徳は宏大なるものがあり、古くから「だいこくさま」として親しまれ、篤い信仰をうけています。

日が沈み休まる「日隅宮」と称される島根県・出雲大社から、大国主大神の第二御子神である建御名方大神が鎮まる長野県・諏訪大社を通り、日が生まれる国・常陸国へと直線上で結ばれたご神縁の地・茨城県笠間市へ大国主大神のご分霊にお鎮まり戴きました。

平成26年9月16日、名称を常陸国出雲大社と改称し、単立宗教法人として新たな歩みを始めました。これにより、島根県出雲大社・出雲大社教との包括関係が廃止され、単立神社としての立場が尊重され、愈々大国主大神の御神徳が拡がり栄へ行き渡るよう歩みを進めております。

 

※公式サイトより引用

境内にある他の神社

薬神神社

最初に紹介するのは第一駐車場の近くにある境内社の薬神神社を紹介します。

こちらの鳥居の先に薬神神社があります。

 

先へ進むと手水舎があり、その上に龍がいます。

龍の下にある手水舎。

こちらで手を清めます。

 

こちらが社です。

木々に囲まれ、緑の涼しげな雰囲気の中、参拝させて頂きました。

薬神神社の向かい側あたりにさざれ石があります。

さざれ石の右側に国家 君が代の歌詞とさざれ石の解説が書かれた本の形をした石看板があります。

龍蛇神社

次に紹介するのは参道途中、左手にある境内社龍蛇神社です。

こちらの神社には出雲大社の御祭神である大国主大神の使いとされている龍蛇神が祀られています。火難、水難、障り除けに御利益があります。

途中は石で出来た道になっていて、風情があります。

ここをまっすぐ進むと、社があります。

こちらが社です。

柵があるので、近付くことは出来ません。

この写真の場所から、右手に見えているお賽銭箱にお金を入れて、参拝をするようになっています。

大鳥居と参道

第1駐車場の近くに大鳥居があります。

稲田御影石で造られている明神鳥居です。大きさは日本最大級といわれ、御祭神である大国主大神の御神徳「むすび」を表す象徴として建てられました。

稲田御影石は日本が誇る最高級石材の石です!笠間の名品なんですよ~

ちく

大鳥居から進むと、社務所の脇に一気に出ます。鳥居の左手を進んだ先にある坂道の参道を進んでいくと、その先に手水舎や境内社の龍蛇神社があるのです。

参道の途中に木彫りの鳥がいました!

手水舎

参道を進んでいくと左手に手水舎があります。

まずはこちらで手を清めましょう!

手水舎には龍がいます。立体的な造形になっていて、とてもかっこいいです!

写真の反対側にも龍がいて、背中合わせになっている格好でした。

拝殿と立派な注連縄と狛犬

参道を進んでいくと拝殿が見えてきました。

出雲大社と言えば、立派な注連縄しめなわです。

 

こちらの出雲大社にももちろんあります。

拝殿に注連縄がかかっていました。

普通、神社は二礼二拍一礼ですが、出雲大社は二礼四拍一礼で参拝をするのが決まりだそうです。

こちらの拝殿へ参拝させて頂きました!

再訪した時の拝殿

拝殿の一番上に金色の鷲がいます

注連縄アップの写真。

注連縄を真下から見ると黒い点々が見えます。

こちらは小銭がささっているのです。

この縄の下に立って、上に小銭を投げ、縄の中にささると縁起が良いとされているです。それでたくさんささっているのですね。

ちなみに、島根にある出雲大社ではこの行為は禁止されているです。

再訪した時の注連縄

迫力満点の注連縄

拝殿前にはとても立派な狛犬もいますよ~!!

本殿と境内から見渡せる景色

拝殿から奥に進むと、中には入れませんが、本殿を離れたところから見ることが出来ます。

手前に見える柵の所に、お賽銭箱があるので、そこから本殿へのお参りもすることが出来ます。

 

こちらの風景は、出雲大社境内から見ることの出来る景色です。

のどかな田園風景が広がっていました。

御朱印

御朱印は拝殿の右手前あたりにある社務所で頂くことが出来ます。

御朱印の初穂料は500円です。

2017年5月に頂いた御朱印

はじめての参拝で頂いた御朱印はこちら。

神社名が書かれている御朱印です。

2020年5月に頂いた御朱印

再訪した時に頂いた御朱印。

コロナウイルスの影響で書置御朱印のみの授与だったので、書置の御朱印を頂きました。

丸い印が追加されたみたいですね~~!!

こちらの書置御朱印は、薄いピンクの和紙が使われていました!

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 茨城県笠間市福原2001
電話番号 0296-74-3000
開門時間 8:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR水戸線「福原駅」より徒歩7分
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

笠間市にある「笠間稲荷神社」「正福寺」「稲田神社」「鳳台院」「金剛寺」「愛宕神社」

同じ笠間市に日本三大稲荷/常陸七福神の1つである笠間稲荷神社坂東三十三観音の札所で御朱印が話題の正福寺をはじめ、稲田神社、鳳台院、金剛寺、愛宕神社があります。

【日本三大稲荷】笠間稲荷神社へ行ってきた【茨城の神社】 ぶらり笠間旅〜笠間稲荷とその周辺〜 【笠間】稲田神社へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】大きな達磨像が有名な鳳台院へ行ってきた【茨城の寺院】

※笠間稲荷の個別の記事、稲田神社の記事は2020年9月頃公開予定です

桜川市にある「雨引観音(楽法寺)」「雨引千勝神社」「磯部稲村神社」「月山寺」「薬王寺」「五所駒瀧神社」「椎尾山薬王院」「加波山神社」

隣の市である桜川市には坂東三十三観音の札所である雨引観音(楽法寺)やその近くにある雨引千勝神社、桜の名所である磯部稲村神社、常陸七福神の1つである月山寺、紅葉の名所である薬王寺、五所駒瀧神社、椎尾山薬王院や加波山に鎮座する加波山神社があります。

桜川市にある雨引観音へ行ってきた【茨城の寺院】 ちくの坂東三十三観音巡りその12〜第24番札所 楽法寺(雨引観音)編〜 【桜川】雨引観音のすぐ近く!雨引千勝神社へ行ってきた【茨城の神社】 【桜川】境内の庭園に癒される月山寺へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】青紅葉の季節の薬王寺へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】境内の自然に心が癒される神社!五所駒瀧神社へ行ってきた【茨城の神社】 【桜川】青紅葉の季節の椎尾山薬王院へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】加波山神社へ行ってきた【茨城の神社】

※雨引観音、雨引千勝神社、磯部稲村神社以外の記事は2020年9月頃公開予定です

その他の茨城の神社仏閣まとめ

その他の茨城の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

【限定御朱印情報もあるよ!】王道から穴場まで!茨城で御朱印を頂くことが出来る神社&お寺まとめ

1人で行くのは不安…効率良く人気の寺社を巡りたい!

そんな人にバスツアーをオススメします!

人気の神社仏閣、観光地を巡るツアーをクラブツーリズムで探してみましょう!

中には御朱印巡りツアーや、ツアーでしか頂くことが出来ない御朱印もあるんですよ〜

バスツアーは神社仏閣&御朱印巡り好きさんとも繋がれるきっかけになりますよ〜

ちく

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告


ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。