【日本三大稲荷】笠間稲荷神社へ行ってきた【茨城の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは日本三大稲荷の1つとして有名な茨城県笠間市の笠間稲荷神社です!

常陸七福神の1つでもある茨城県内でも特に有名な神社の1つなんですよ〜

胡桃下くるみがした稲荷/紋三郎もんざぶろう稲荷の名でも親しまれているお稲荷さんです

ちく

早速紹介していきます!

▼以前書いた笠間稲荷神社とその周辺を散策した時の記事はこちら

ぶらり笠間旅〜笠間稲荷とその周辺〜

神社の概要

  • 御祭神:宇迦之御魂命
  • 御利益:殖産興業、蘇生、生成発展、産霊、火除など
  • 例大祭日:4月9日
  • 創建:651年

御由緒

創建に関する伝承は口碑によるもので、文献記録はない。勧請元となった稲荷神社も不詳である。

社伝では、孝徳天皇御代の白雉2年、現在の地にあった胡桃樹の下に創建したものという。

笠間便覧では、白雉年間、佐白山に鎮座していた六座のうちの稲荷社を、現在の地にあった胡桃樹の下に奉遷したものという。ただし、この伝承が記述されているのは笠間便覧のみである。近隣に鎮座する城山稲荷神社に、旧址を佐白山上とする同旨の由緒がある。

笠間稲荷神社ウェブサイトの由緒では、当時、社地一帯は胡桃の密林であったという。戦前の取材による茨城県神社写真帳には、「広漠とした荒野の片野の一本の胡桃樹下」であったと記されている。新編常陸国誌には、「胡桃の大木」の下であったと記されている。

 

※Wikipediaより引用

なんで「胡桃下稲荷」「紋三郎稲荷」とも呼ばれるの?

笠間にあるお稲荷さんなので、笠間稲荷神社と言う名で呼ばれるのはわかります。それ以外の愛称である胡桃下稲荷や紋三郎稲荷にも由来があるので、まずは簡単に解説したいと思います。

胡桃下稲荷の由来

当社は創建当時、この地に胡桃の樹が群生し、その大樹の下に稲荷の大神様がお祀りされていたことから、胡桃下稲荷と呼ばれるようになりました。現在でも40数本の胡桃の木が繁っています。この地は胡桃の北限といわれています。

※境内にある看板より一部抜粋

この記事でも後ほど紹介しますが、笠間稲荷神社の御神木は胡桃の木なのです!また、御朱印にも胡桃下と書かれているほど、別名として親しまれている名前が胡桃下稲荷です。

ちく

紋三郎稲荷の由来

 

一説によると、笠間藩主・井上正賢の一族に門三郎という人がおり、当社の信仰がたいへん篤く、奉仕して徳高く、利根川沿線を中心に笠間稲荷神社の信仰を広め、多くの人に功徳を施したことから「笠間の門三郎さん」と名声を集めました。その門三郎さんが説くお稲荷さんの信仰から、当社は「紋三郎稲荷」といわれるようになりました。

※境内にある看板より一部抜粋

笠間稲荷神社の知名度に貢献した人物が由来の相性なのですね!

ちく

実際の様子

鳥居と参道

境内の様子を紹介しています。まずは笠間稲荷神社の入口から!!

とても大きな朱色の鳥居と社号標があります。

鳥居の隣にあるのがこちらの狐の形をした像。夜になると光るのかな?

 

鳥居の先にまっすぐ参道が続いています。

参道の両脇は仲見世商店街が並んでおり、お土産を買うことが出来るお店がたくさんあります。

その参道の途中途中に、狐像が並んでいます。

参道を進んだ先からみた鳥居。とっても大きいことがわかりますねぇ。

手水舎と楼門周辺

参道を進んでいくと途中、右手に手水舎があります。

歴史を感じる古い建物です。

こちらで手を清め、先へ進みましょう。

 

参道の先に楼門があります。

朱色の大きな楼門の先に拝殿が続いていますよ~!

と、その前に楼門の手前にある場所を紹介していきましょう。

楼門の手前に大きな狛狐像があります。

 

楼門の左手に交通安全祈祷所があります。

こちらの写真に右手に写っているのが交通安全祈祷所です。左側にある大きな建物は社務所です。

 

楼門の右手にさざれ石があります。

絵馬殿

社務所の向かい側あたりに絵馬殿があります。

休憩所のようになっている大きな建物です。

たくさん大きな絵馬が飾られている建物です。

 

絵馬殿の隣に小さな手水舎があります。

総門

楼門の右手を進んでいくと総門があります。別名東門とも呼ばれています。

こちらの門は入母屋造りの建築様式の建物です。

総門には木製の大きな灯籠があります。

 

総門には大手綱があります。

こちらは笠間稲荷神社の社宝になっているものです。

約2万人の女性崇敬者の奉納になる頭髪を綱にしばったものです。

楼門と神馬と御神木

改めて楼門とその周辺を紹介します。

楼門をくぐると裏手には神馬像があります。

笠間稲荷神社において、神馬は古来から災いなど困ったことがあると、神様に祈願する人のもとへ、除災招福のために天馬となって、天を翔けて飛んで行き災いを鎮めたと伝えられている存在です。

 

楼門のすぐ先、右手に御神木があります。

御神木はとても珍しい胡桃の木です。

回廊のようになっている楼門と藤棚

楼門は回廊のようになっており、拝殿周辺を囲っています。

楼門の一部を見るとこんな感じになっています。

歴史を感じる趣にある雰囲気。素敵だ~~~

ちく

灯籠が綺麗に並んでいます。

 

回廊の一部で銘酒ラベル展が開催されていました。

献上された御神酒のラベルが飾られています。

 

他にも笠間稲荷神社を代表する藤棚があります。

八重の藤と呼ばれているこちらの藤は、茨城県指定天然記念物になっている歴史があるものです。

拝殿

楼門の奥に拝殿があります。

こちらへ参拝させて頂きました!

こちらに拝殿は昭和35年に竣工された比較的新しい建物です。

拝殿の両脇には朱雀、青龍、白狐、玄武の四獣が飾られていました。

その奥の絵馬も含め、拝殿に飾られているものは歴史を感じるものでした~

常陸七福神の大黒天

拝殿の右手へ進んでいくと常陸七福神の大黒天が祀られている建物があります。

大黒天は別名 大国主神と呼ばれています。出雲大社の御祭神である人物です。

他にも奈良県にある大神神社の大物主神も異名同一神です。

こちらの大黒さまは福徳成就、財宝授与に御利益があると言われています。

有名なパワースポット!出雲大社へ行ってきた【島根の神社】 日本屈指のパワースポット!大神神社へ行ってきた【奈良の神社】

新緑と大黒社

本殿と境内社

拝殿の奥へ進んでいくと本殿があります。

こちらの本殿は国指定重要文化財になっている建物です。江戸時代末期の建築で、銅瓦葺総欅の権現造です。

本殿の彫刻は後藤縫之助氏の作です。

 

本殿の向かい側あたりに末社があります。

左側にある小さな社は山倉神社です。高皇産霊神、建速須佐之男神、大国主神が祀られています。病気平癒/災難除け/開運/子孫繁栄の神様たちが祀られています。

大きな末社は左から順に粟島神社、菅原神社(天満宮)、白山神社、月読神社です。

粟島神社は少彦名神が祀られています。医薬や裁縫の神様です。

菅原神社は菅原道真公が祀られています。学業成就や受験合格に御利益があります。

白山神社は菊理媛神、伊邪那岐神、伊邪那美神が祀られています。夫婦和合、縁結びの神が祀られています。

月読神社は月読尊が祀られています。海上安全、暦を司る神様です。

境内で出会った猫ちゃんたち

末社のあたりで白猫ちゃんを発見!!

ちょっと警戒している様子でした…ビビらせてごめんよ…

そっぽを向いてしまった猫ちゃん。

 

同じ白猫ちゃん。

こちらの猫ちゃん、なんと目がオッドアイでした!!

片方は黄色、もう片方は水色です。珍しいですねぇ…!!

御朱印

御朱印は拝殿の左手前あたりにある社務所で頂くことが出来ます。

神社の御朱印の他に、お願いすると常陸七福神の御朱印も頂くことが出来ます。

初穂料は300円です。

2015年6月に頂いた御朱印(2種)

はじめての参拝で頂いた御朱印は2種です。

笠間稲荷神社の御朱印は別名である「胡桃下」の文字が墨書きされているのが特徴的です。

笠間稲荷神社の御朱印

常陸七福神の御朱印

2017年5月に頂いた御朱印

2020年5月に頂いた御朱印

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 茨城県笠間市笠間1
電話番号 0296-73-0001
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から遠いので車で行くのがおすすめです
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

その他の常陸七福神

茨城県南、県央あたりを中心に巡る常陸七福神。七福神各1箇所+七福神全てを祀る1寺の合計8箇所を巡る七福神巡りです。

その距離はとても長く日本で一番長い順路を持つ七福神詣と言われています。1日で全て巡ろう!とは言いません。ぜひ気長に、自分のペースで構わないので、常陸七福神を巡ってみましょう!

伺ったことがある寺社は個別ページのリンクも貼ってあるので、気になる場所があったらぜひ合わせてチェックしてみて下さ〜い!

ちく

  • 恵比寿筑波山神社(茨城県つくば市)
  • 毘沙門天西光院(茨城県石岡市)
  • 弁財天逢善寺(茨城県稲敷市)
  • 福禄寿長勝寺(茨城県潮来市)
  • 布袋尊月山寺(茨城県桜川市)
  • 寿老人西蓮寺(茨城県行方郡)
  • 七福神眞延寺(茨城県土浦市)
【つくば】筑波山&筑波山神社へ行ってきた【茨城の観光スポット】 まるで京都?!水郷潮来あやめ園の近くにある歴史あるお寺 長勝寺へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】境内の庭園に癒される月山寺へ行ってきた【茨城の寺院】

※月山寺の記事は近日公開予定です

更に詳細を知りたい人は笠間稲荷神社の七福神めぐりの詳細をチェック!

常陸七福神めぐりについて

笠間市にある「常陸国出雲大社」「笠間稲荷神社」「正福寺」「三所神社/八坂神社」「大井神社」「鳳台院」「金剛寺」「羽梨山神社」「愛宕神社」

同じ笠間市に常陸国出雲大社坂東三十三観音の札所で御朱印が話題の正福寺笠間総鎮守である三所神社と同じ宮司さんが兼任している八坂神社をはじめ、大井神社、稲田神社、鳳台院、金剛寺、羽梨山神社、愛宕神社があります。

【笠間】常陸国出雲大社へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】大きな達磨像が有名な鳳台院へ行ってきた【茨城の寺院】 ちくの坂東三十三観音巡りその17~第23番札所 正福寺(佐白観音)編~ 【笠間/坂東三十三観音】イラスト入り御朱印が話題!正福寺へ行ってきた【茨城の寺院】 笠間総鎮守 三所神社/八坂神社へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】苔むす参道が美しい!大井神社(太郎明神)へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】稲田神社へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】有名かき氷店 雪みるくのすぐ近くにある羽梨山神社へ行ってきた【茨城の神社】 【笠間】悪態まつりで有名な愛宕神社へ行ってきた【茨城の神社】

※正福寺、三所神社/八坂神社、大井神社、稲田神社、羽梨山神社、愛宕神社の個別の記事は近日公開予定です

桜川市にある「雨引観音(楽法寺)」「雨引千勝神社」「磯部稲村神社」「月山寺」「薬王寺」「五所駒瀧神社」「椎尾山薬王院」「加波山神社」

隣の市である桜川市には坂東三十三観音の札所である雨引観音(楽法寺)やその近くにある雨引千勝神社、桜の名所である磯部稲村神社、常陸七福神の1つである月山寺、紅葉の名所である薬王寺、五所駒瀧神社、椎尾山薬王院や加波山に鎮座する加波山神社があります。

桜川市にある雨引観音へ行ってきた【茨城の寺院】 ちくの坂東三十三観音巡りその12〜第24番札所 楽法寺(雨引観音)編〜 【桜川】雨引観音のすぐ近く!雨引千勝神社へ行ってきた【茨城の神社】 【桜川】境内の庭園に癒される月山寺へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】青紅葉の季節の薬王寺へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】境内の自然に心が癒される神社!五所駒瀧神社へ行ってきた【茨城の神社】 【桜川】青紅葉の季節の椎尾山薬王院へ行ってきた【茨城の寺院】 【桜川】加波山神社へ行ってきた【茨城の神社】

※雨引観音、雨引千勝神社、磯部稲村神社以外の記事は近日公開予定です

その他の茨城の神社仏閣まとめ

その他の茨城の神社仏閣をまとめた記事はこちら!

【限定御朱印情報もあるよ!】王道から穴場まで!茨城で御朱印を頂くことが出来る神社&お寺まとめ

1人で行くのは不安…効率良く人気の寺社を巡りたい!

そんな人にバスツアーをオススメします!

人気の神社仏閣、観光地を巡るツアーをクラブツーリズムで探してみましょう!

中には御朱印巡りツアーや、ツアーでしか頂くことが出来ない御朱印もあるんですよ〜

バスツアーは神社仏閣&御朱印巡り好きさんとも繋がれるきっかけになりますよ〜

ちく

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。