本山佛光寺へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは佛光寺ぶっこうじです!

浄土真宗佛光寺派の本山のお寺です。

広い境内は、無料で拝観し、お堂内も無料で参拝することが出来ます。

場所は四条烏丸駅や四条駅の近くです。因幡堂からも近い場所にありますよ~!

 

浄土真宗(真宗とも言います)のお寺は御朱印を頂けないことで知られている宗派です。

同じ浄土真宗の京都の西本願寺、東本願寺では頂くことが出来ません。

しかし、このお寺は御朱印ではなく「法語印」と言うものを頂くことが出来ます。

法語院は、御朱印帳に書いて頂ける、いわゆる他の宗派で言う御朱印のようなものです。

浄土真宗でこのような墨書きのものを頂ける寺院はとても珍しいことです。

 

早速紹介していきます!

 

 

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:真宗佛光寺派
  • 山号:渋谷山(汁谷山)
  • 寺号:佛光寺
  • 創建:1212年
  • 開基:親鸞
  • 御由緒

承元元年、専修念仏は停止され、浄土真宗の宗祖とされる親鸞は越後国に配流された。

寺伝によると、親鸞は赦免の翌年の建暦2年に京都に帰り、山城国山科郷に一宇を創建し、順徳天皇より聖徳太子にまつわる「興隆正法」の勅願を賜り、「興隆正法寺」と名づけた。これが後の佛光寺で、親鸞はこの寺を弟子の真仏にまかせ、その後、阿弥陀仏の本願をひろめるため関東行化に旅立ったとされる。しかし、親鸞が山科に興正寺を建てたとするには寺伝以外の根拠に乏しく、史実としては、配流先の越後より直接関東方面へ向ったとする説が有力である。なお、佛光寺の親鸞伝絵のうち古い作品には京都に帰った後に(興正寺を建立せず)伊勢神宮に参詣した後に関東に向かったとするものも存在しており、荒木門徒の間では一旦京都に帰還した後に関東に向かったとする伝承が古くから存在していたとする見方もある

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

大師堂門から境内へ!

お寺の入口になっている門の1つ、大師堂門です。

ここから境内へ入ります。

 

ちなみにこの門は、映画「名探偵コナン 迷宮の十字路」にも登場しています。

映画内でのこのお寺の表記は「仏光寺」になっていますが、この佛光寺です。

仏光寺は、新書体での表記なので、正式には佛光寺と書くそうです。

 

手水舎

大師堂門から入り、少し進むと左手に手水舎があります。

手はこちらで清めましょう。

 

大師堂

大師堂門をまっすぐ進むと、大師堂があります。

中に入って参拝することも可能です。

 

別角度から撮影した大師堂の写真。

私は中へあがって、参拝させて頂きました。

 

阿弥陀堂

大師堂の隣に、もう一つ大きなお堂があります。

この写真の左側が阿弥陀堂、右側が大師堂です。

阿弥陀堂は、大師堂同様に、中へ入って参拝することも出来ます。

 

境内にあるお店

境内にはギャラリー&ショップと、和カフェの2店舗があります。

こちらはギャラリー&ショップ。

阿弥陀堂の近くにあります。

 

こちらは和カフェ。

手水舎の近くにあります。

このお寺の建物は、どの建物も似ている造りで、どれも立派な建物なのが特徴です。

 

法語印(御朱印)

今回頂いた法語印はこちらです。

東福寺の御朱印帳を渡して、法語印をお願いしたところ、普通に書いて頂くことが出来ました。

御朱印帳でも、法語印は対応して頂けるのですね!

値段は300円。

 

日によっては、絵入りの法語印も頂けるそうです。

頂ける日や時間などの詳細は公式facebookで確認してみて下さい。

 

アクセス

住所 京都府京都市下京区新開町397
電話番号 075-341-3321
開門時間 9:00~16:00
拝観料 無料
御朱印受付時間 9:00~16:00
駐車場 ありません。
最寄り駅からのアクセス 地下鉄「四条駅」より 徒歩2分

阪急「烏丸駅」より 徒歩5分

公式サイト こちら

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。