東大寺のすぐ近く!氷の神様を祀る氷室神社へ行ってきた【奈良の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは氷室ひむろ神社です!

氷の神様を祀る珍しい神社なんですよ〜!

東大寺や春日大社からのアクセスも良好なので、ぜひ合わせて訪れて欲しい神社です。

ちく

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:大鷦鷯命おおささぎのみこと闘鶏稲置大山主命つげのいなぎおおやまぬしのみこと額田大仲彦命ぬかたおおなかつひこのみこと
  • 御利益:製氷守護など
  • 例大祭日:10月1日
  • 創建:710年

御由緒

710年、平城新都の左京、御蓋山麓の春日野に、厳寒に張った氷を貯蔵する氷室の守り神として鎮祀された。

 

※御朱印 はさみ紙より一部抜粋

 

実際の様子

鳥居と参道

神社の入口はこちら。

朱色の鳥居の周りに石造の柵があります。

 

鳥居をくぐり、先へ進んでいくと新緑の世界が広がっていました。

この美しい緑の参道を先へ進んでいきます。

手水舎とその周辺

参道の途中、右手に手水舎があります。

手水舎の隣は井戸になっています。

そしてこの手水矢の向かい側に社があります。

住吉神社です。

底筒男命、中筒男命、表筒男命の住吉三神をはじめとした合計七神をお祀りする社です。

罪や穢れ、災いを祓い清めて下さる神様です。

 

手水舎の近くには鏡池もあります。

大きな池の中からはカエルの鳴き声が聞こえてきました。

神門と狛犬

参道をまっすぐ進むと神門(四脚門)があります。

階段を上り、神門を目指していくと、途中に狛犬がいました。

前掛けをしている狛犬さんです。

神門をくぐり、更に進みましょう〜!!

拝殿と氷みくじ

門をくぐるとすぐの場所に大きな氷があります。

社務所で販売されている氷みくじをこの大きな氷にくっつけると、おみくじの結果がわかるというおみくじです。

水みくじと同じ原理のようですねぇ。

 

門をくぐった正面ではなく、あえて脇から撮影した写真。

写真中央に見えているのが拝殿です。

その奥に本殿があり、手前には拝殿へ続く渡廊があります。

 

拝殿の右手奥に進む道があります。

この先には境内社である舞光社がありました。

御朱印

御朱印は拝殿の右手前あたりにある社務所で頂くことが出来ます。

こちらの神社、由緒書きが有料で、1つ初穂料100円で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は600円。

 

片面の太い墨書きが特徴の御朱印です。

片面の御朱印と言うと、300円もしくは500円と言う所が多いのですが、こちらの神社は600円です。

こちらの御朱印に押して頂く朱印がお札と同じものを使用しているのだそう。

より神様との縁を感じる印と言うことで、少し高いお値段なのです。

 

御朱印を書き終えると、その場で帳面に火打石を使ったお祓いをして下さる様子も必見です!

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 奈良県奈良市春日野町1-4
電話番号 0742-23-7297
開門時間 6:00~18:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス 近鉄線「近鉄奈良線」より 徒歩5分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに東大寺やその守護神を祀る手向山八幡宮春日大社興福寺があります。

興福寺の近くには元興寺御霊神社福智院奈良町天神社瑜伽神社があります。

他にも近鉄奈良駅の方へ行くと漢国神社率川神社があります。

 

春日大社を更に進むと新薬師寺白毫寺奈良縣護国神社があります。

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。