【平柳】星宮神社へ行ってきた【栃木の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは栃木県栃木市平柳にある星宮神社ほしのみやじんじゃです!

境内になでうなぎがある神社ですよ〜!

うなぎが描かれている御朱印が話題になり、人気になっている神社です!

ちく

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:磐裂神、根裂神、経津主命(虚空地蔵菩薩も合祀されています)
  • 御利益:開拓や農業、生命力の向上、国土鎮護
  • 例大祭日:10月13日に近い日曜日
  • 創建:1432年

御由緒

今から580年前の永享2年に社殿を造営するに当たっては、恵みの川である「みたらし川」のほとりに社地を選定し、本殿を通して本宮を拝する里宮の形式をとりました。新しい社殿が建立されると、五穀豊穣の守護神として、近郷の崇敬の社になりました。

 

※由緒書きより一部抜粋

実際の様子

鳥居と手水舎

住宅街の中にある神社ですが、神社の石の鳥居と柵があり、社号標が建っています。

近くへ行くと迷わずに神社へ辿り着けそうですね!

鳥居をくぐり、参道を進んでいきます。

途中左手に手水舎があります。

龍のいるこちらの手水舎で手を清めてから先へ進みます。

狛犬と拝殿

参道を突き当たると拝殿があります。

こちらは拝殿の前にある狛犬。なんだか特徴的!

 

こちらが拝殿です。

歴史を感じる木造の社です。

なでうなぎと境内社

境内社を紹介する前にこの神社にしかないとっても珍しいなでうなぎを紹介します!

 

こちらの星宮神社の御祭神(虚空地蔵菩薩)のお遣いであるうなぎ。水を求めて困難や障害を乗り越え前進する強い生命力を持っている生き物です。

元々は、虚空地蔵菩薩はうなぎに乗って現れると言う言い伝えから、このなでうなぎ像が境内に設置されたそうです。

中央にあるうなぎの像と、自分の干支の文字を撫で、身体健全/家内安全/事業繁栄をお祈りすると御利益が頂けるそうです。

 

ここからは境内社を紹介していきます。

写真の右の大きな社は相殿五社です。その隣、左側に並ぶ二社は白山神社です。

相殿五社は本殿に奉斎されていた神様がいつの頃かは不明ですが、相殿社に独立して祀られたそうです。

左から純に紹介していきます。

  • 山神社・・・御祭神 大山祇命おおやまつみのみこと/山や野の幸の恵みの神様
  • 水神社・・・御祭神 水波能賣命みずはのめのみこと/縁結びと病気平癒の神様
  • 神明社・・・御祭神 天照大御神/慈愛に満ちた心を以って全てを許し、お守り下さる貴の神様
  • 稲荷社・・・御祭神 宇迦之御魂神/全ての産業の守り神
  • 大国社・・・御祭神 大国主命/縁結びと病気平癒の神様

相殿社の隣の2つの白山神社には菊理媛命くくりひめのみことが祀られています。和と結びの中から新しいものを生成する神様です。

 

場所はなでうなぎのそばにあります。均等に並ぶ六社。

写真の左から紹介していきます。

  • 産泰さんたい神社・・・御祭神 息長足姫命おきながたるひめのみこと/子授け、安産、子育ての神
  • 血方ちかた神社・・・御祭神 思兼命おもいかねのみこと/知恵と学問の神
  • 稲荷神社・・・御祭神 豊受大神/全ての産業の守り神
  • 御祖みおや神社・・・御祭神 御祖大神/全ての人のご先祖様
  • 大杉神社・・・御祭神 大己貴命/病気平癒、縁結び、夫婦和合の神
  • 須賀神社・・御祭神 素盞嗚尊/疫病や苦しみ、不幸を祓い、救いの手をさしのべてくださる神
 

 

こちらは社が無い猿田彦大神。

石の隣にあるヒバの木(御神木)に御祭神である猿田彦命が宿っています。

猿田彦命は天狗としても知られており、天狗として、この御神木の上から我々を見守ってくださっているのです。

天孫降臨の際、瓊瓊杵尊を導いた導きの神である猿田彦命が祀られています。

全てを良い方向に導いて下さる神様として、また交通安全の神様として信仰されています。

御朱印

御朱印は休日のみ帳面に書いて頂くことが出来ます。

書置のみの日は、拝殿のお賽銭箱の近くに用意されているので、初穂料を納めてから御朱印を頂いて帰りましょう。

今回頂いた御朱印

今回は2つの御朱印を頂きました。神職さんが不在だったので、拝殿前に用意されていた書置きの御朱印を頂きました。

 

まずは片面サイズの御朱印。

初穂料は300円。

 

まず目をひくのが中央に書かれたオレンジ色のうなぎ!御祭神のお遣いは、御朱印にも書かれているのです。

片面サイズの御朱印は季節の御朱印です。季節ごとに変わるそうで、10月は紅葉の印が押されていました。

 

見開きサイズの御朱印。

初穂料は500円。

 

3匹のうなぎが泳いでいる御朱印です。

金色の墨で「福祥 うなぎのぼり」と書かれています

 

どちらも書置きの御朱印なので、参拝した日付は自分で書き込むようになっていました。

限定御朱印情報

季節ごとに頂ける御朱印が変わります。

春は桜、秋は紅葉と季節により右下に押される印が変わるようです。

厳密にはいつからいつまでどんな御朱印を頂くことが出来るのかわからないので、季節が変わったなと思ったら伺ってみると良いかもしれません。

サイトやSNSを一切やっていない神社なので、新しい御朱印がはじまる場合もいつからはじまるかわかりません…

おそらく、月替わりだと思われますが、確実ではありません。

アクセス

住所 栃木県栃木市平柳町1-23-26
電話番号 0282-23-0795
開門時間 24時間 ※住宅街にあるので夜間の参拝は控えましょう
御朱印受付時間 9:00~16:30
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 東部日光線/東武宇都宮線「新栃木駅」より 徒歩4分
公式サイト ありません

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣

少し離れた場所に神明宮があります。境内に鳥小屋がある珍しい神社です。

【栃木市】神明宮へ行ってきた【栃木の神社】

 

栃木県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

栃木観光の参考にしてみて下さい!

【限定御朱印情報もあるよ!】王道から穴場まで!栃木で御朱印を頂くことが出来る神社&お寺まとめ

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。