【横浜】落語家 桂歌丸師匠の御朱印がある金刀比羅大鷲神社へ行ってきた【神奈川の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは金刀比羅ことひら大鷲おおとり神社です!

横浜橋商店街の近くにある小さな神社です。

金刀比羅神社と大鷲神社が合祀されている神社ですよ~

合わせて境内末社として稲荷社も合祀されています。

 

生粋のハマっ子と言われていた落語家の桂歌丸師匠が永久名誉顧問になっている商店街のそばにあることから、こちらの神社も歌丸師匠と縁が深い神社として落語ファンの方に知られている神社です。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:大物主神、崇徳天皇、天之鳥船命、手力雄命、日本武尊
  • 御利益:開運守護、商売繁盛など
  • 例大祭日:11月酉の日
  • 創建:1859年
  • 御由緒

当社は遠く1859年6月2日横浜が開港するにあたり港崎町(現在の横浜公園)に讃岐国象頭山(香川県琴平町)に鎮座する金毘羅大権現として創建された。

お酉様を同社境内に末社として勧請されこれが大鷲神社のはじめである。この頃から酉の市祭は盛んで「開運守護」「商売繁盛」の守り神として崇敬厚く現在は戦後金刀比羅神社と御同座して現在の社号に社名変更された。

 

※境内にある案内看板より一部抜粋

 

実際の様子

鳥居と狛犬と手水舎

こちらが神社の鳥居です。

右側には大きな社号標もあります。

 

鳥居のすぐ先には狛犬もいますよ〜

鳥居をくぐり、すぐ右手には手水舎があります。

龍の髭に小さなチェーンが繋がれています。

このチェーンは手水舎の柄杓と繋がっていました!

 

こちらで手を清め、先へ進みます!

 

拝殿とすし塚

こちらが拝殿です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

こちらは境内にある大きなすし塚。

こちらのすし塚は、神奈川県内で寿司屋を営む人々(神奈川県鮨商生同組合)の希望により建てられたものです。

日々の生計のために他の生き物を犠牲にせざるを得ない、鮨業の人々がその供養と感謝を表す為に建てられました。

ぜひ、こちらの神社へ伺う際は、このすし塚へ日々食事する中で、生き物に対する供養と感謝をお祈りしましょう!

 

横浜橋商店街(横浜橋通)の様子

金刀比羅大鷲神社の右側にある細い路地を進んで行くと、横浜橋商店街があります。

こちらは最寄り駅である市営地下鉄の阪東橋駅側の商店街への入口です。

 

様々なお店が並び、人々で賑わう商店街の上を見てみましょう。

ところどころに歌丸師匠の旗がかけられていました!

地元の方の歌丸師匠愛を感じました!

 

御朱印

御朱印は拝殿の左手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

書置の御朱印を頂きました。

ピンク色の桜の印が押されています。また、左下には歌丸師匠の絵が押され、「横濱のおとりさま」と書かれています。

中央に押されている社紋もとても立派で素敵な御朱印です。

 

歌丸師匠は笑点で司会をやっている時の様子の絵かな?

 

限定御朱印情報

正月限定御朱印が登場します。

その年の干支の印が押されている限定御朱印です。

 

酉の市限定御朱印が登場します。

11月の酉の日に開催される酉の市の日には、一の酉、二の酉とそれぞれの日に書かれている限定御朱印が登場します。

 

※他にも限定御朱印が登場する可能性があります。

 

アクセス

住所 神奈川県横浜市南区真金町1-3
電話番号 045-231-3208
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00〜17:00
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス 横浜市営地下鉄「阪東橋駅」より 徒歩5分
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

桜木町駅が最寄りの神社として横浜総鎮守 伊勢山皇大神宮があります。

すぐ近くに成田山 横浜別院もあります。不動明王が御本尊のお寺で、毎日護摩祈祷が行われており、誰でも気軽に参加することが出来ます。

 

関内の方へ進んでいくと羽衣町厳島神社があります。

更に地下鉄ブルーライン線を上大岡方面へ進んでいくと、阪東橋駅が最寄りの中村八幡宮、吉野町駅が最寄りのお三の宮日枝神社、弘明寺駅が最寄りの坂東三十三観音の札所である弘明寺や、大岡若宮八幡宮があります。

 

弘明寺駅から更に岡村公園の方へ進んでいくと鶯の御朱印帳がある岡村天満宮があります。

ここから更に根岸駅の方へ進んでいくと八幡橋八幡神社根岸八幡神社があります。

 

関内から横浜中華街のある石川町方面へ進んでいくと浜のおすわさんと呼ばれている諏訪神社元町厳島神社があります。

更に山手や三渓園方面へ行くと北方皇太神宮本牧神社があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村