【北鎌倉】浄智寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、北鎌倉にある浄智寺(じょうちじ)です!鎌倉五山第4位のお寺です。

こちらは、東慶寺や明月院の傍にあります。

北鎌倉の自然豊かなお寺の一つです。七福神の布袋尊の像も有名ですね。

鎌倉三十三観音霊場第31番札所、鎌倉地蔵尊霊場第12番札所、鎌倉十三仏霊場第6番札所でもあります。

 

それでは紹介していきたいと思います。

 

寺の概要

  • 御本尊:三世仏(阿弥陀如来・釈迦如来・弥勒如来) ※それぞれ過去・現在・未来を象徴している
  • 宗派:臨済宗円覚寺派
  • 山号:金峰山
  • 寺号:浄智寺
  • 創建:1283年
  • 開基:北条師時
  • 御由緒

鎌倉幕府第5代執権・北条時頼の3男である北条宗政の菩提を弔うために、弘安4年に創建された。開基は宗政の子・北条師時としたが、当時の師時は8歳であり、実際には宗政の妻と兄・北条時宗による創建である。開山は日本人僧の南州宏海が招かれるが、宏海は尊敬する宋出身の高僧兀庵普寧と導師の大休正念を開山にして自身は準開山になる。なお兀庵普寧は文永2年に中国に帰国し、浄智寺開山の7年前に没している。

その後、高峰顕日や夢窓疎石らの名僧が住持し、最盛期には七堂伽藍を備え、塔頭も11寺院に達した。元亨3年の北条貞時13年忌には浄智寺からの参加僧衆は224人に達したと記録にあり、当時浄智寺の総人員は僧侶以外も加えると500人ほどに及んだとみられる。発掘調査では谷戸のずっと奧、天柱峠のすぐ下あたりまで人の手の加わった跡があり、おそらくは現在の円覚寺の規模に近いものがあったと思われる。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

境内までの道

境内へ行くまでの道。

この手前の石橋は渡ることが出来ません。

見て楽しむようにしましょう。

 

先へ進むと歴史を感じる門が広がります。

門の先には長い階段が。

この先に拝観料を払う場所があります。

 

拝観料を払ったら境内へ向かいます。

 

境内の様子

境内へ入ってまず見えるのが曇華殿(どんげでん)

まずはこちらへ参拝させて頂きました。

 

その先に広がる景色。

奥には世界平和と書かれた石碑があります。

 

奥へ進むと灯籠のある庭が広がります。

そこには苔のある場所も。

落ちている栗が秋を感じさせてくれました。

 

昔懐かしい水道。

手動です。

 

さらに奥へ進みます。

 

トンネルと布袋尊

先ほどの道を進むと見えてくるのがこちらのトンネル。

左の看板には「布袋尊はトンネル先の洞窟です」と書かれています。

この先です。短いトンネルですがわくわくします。

 

少し歩くと布袋尊がいました!

笑顔の布袋尊

お腹を撫でるとご利益があるそうなので、たくさんの人が撫でている様です。

お腹が黒くなっています。

この布袋尊、指をさしているように見えるので気になってその先を見てみました。

広がるのはこちらの景色です。

 

客殿と御朱印所

こちらは客殿

風情ある景色が広がります。

 

この客殿の先にあるのが御朱印所です。

この中で御朱印を頂くことが出来ます。

 

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

「曇華殿」の御朱印です。

鎌倉七福神をはじめ、他の御朱印が欲しい場合は、御朱印を書いて頂く人へお願いすると書いてくださるとのことですが、基本1人1つまでとされているので、頂ける御朱印を自分で選びましょう。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1402
電話番号 0467-22-3943
拝観料 大人 200円

小中学生 100円

拝観時間 9:00~16:00
御朱印受付時間 拝観時間と同じ
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス JR「北鎌倉駅」より 徒歩10分
公式サイト ありません

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。