【鎌倉】妙本寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

今回紹介するのは、本覚寺から近い場所にあるお寺妙本寺みょうほんじです!

見所が多いお寺なのですが、時間があまりなく、今回はゆっくり参拝することが出来ませんでした。

 

今回参拝した本堂周辺を紹介させて頂きます。

 

寺の概要

  • 御本尊:三宝尊
  • 宗派:日蓮宗
  • 山号:長興山
  • 寺号:妙本寺
  • 創建:1260年
  • 開基:比企能本
  • 開山:日蓮
  • 御由緒:

妙本寺は、日蓮聖人を開山に仰ぐ、日蓮宗最古の寺院です。

開基は、比企能員の末子で、順徳天皇に仕えた儒学者比企大学三郎能本です。 この地は比企能員一族が住む谷戸(やと)であったところから「比企(ひきが)谷(やつ)」と呼ばれています。

しかし、比企一族は建仁3年に権力保持を目論む北条一族によって滅ぼされました。その争いを「比企の乱」といいます。

比企の乱の時、まだ幼少で京都にいたため生き延びたのが比企大学三郎能本でした。能本は、鎌倉の町に立って生命がけの布教をされている日蓮聖人に出会い、「わが一族の菩提を弔って下さるのは、このお聖人しかいない!」と決心し、自分の屋敷を日蓮聖人に献上したのが妙本寺の始まりです。

日蓮聖人は、文応元年比企能本の父・能員と母に「長興」、「妙本」の法号をそれぞれ授与し、この寺を「長興山 妙本寺」と名付けられました。

第二祖は日朗聖人、第三祖日輪聖人を迎え、以来妙本寺と池上本門寺は一人の貫首が両山を統括する(両山一首)という方式が第74世 酒井日慎聖人の代まで(昭和16年まで)続きましたが、第75世 島田日雅聖人の代より専任の貫首を迎えることになりました。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

実際の様子を写真と共に載せていきます。

山門

妙本寺への入口、山門の写真はこちら。

とても立派な山門です。近くに行くと、すぐわかりますよ〜!

山門の先の道

山門に続く道。

奥はこの写真だとわかりにくいですが、祖師堂に続いています。 今回、この道の先へ進まなかったので、また別の機会に参拝したいと思います。

本堂へ参拝

妙本寺方丈と書かれた先に本堂があります。

階段の先に見えているのが本堂です。

こちらの本堂へ参拝させて頂きました。

本堂は、普段は中に入ることが出来ないようになっているようです。 中には御本尊をはじめ、たくさんの仏様が祀られています。

御朱印

御朱印

今回頂いた御朱印は「妙蓮華在水」と書かれた御朱印です。この他に「御首題」を頂くことが出来ます。

値段は300円。

 

如蓮華在水と墨書きされた御朱印です。

 

限定御朱印/御首題情報

こちらのお寺は限定御朱印や御首題は登場しません。

 

祖師堂の方には立派な二天門と言うもんがあったり、まだまだ見所があるお寺なので、今度鎌倉へ行くときはリベンジしたいと思います。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市大町1-15-1
電話番号 0467-22-0777
開門時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料駐車場はありません。
最寄り駅からのアクセス JR・江ノ島電鉄「鎌倉駅」より 徒歩8分
公式サイト こちら 

 

広告

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。