【鎌倉】海蔵寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは海蔵寺です!

 

鎌倉駅から少し離れた場所にあるお寺です。山のふもとのあたりに位置しています。

鎌倉幕府の滅亡によって、一度焼失お寺でしたが、再興されて現在に至ります。

鎌倉三十三観音26番札所、鎌倉二十四地蔵15番札所、鎌倉十三仏霊場7番札所(薬師如来)、相模国二十一ヶ所弘法大師5番札所、東国花の寺百ヶ寺 鎌倉96番札所になっているお寺です。

 

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:薬師如来
  • 宗派:臨済宗建長寺派
  • 山号:扇谷山
  • 寺号:海蔵寺
  • 創建:1253年
  • 開基:宗尊親王
  • 開山:藤原仲能
  • 中興年:1394年
  • 中興開基:上杉氏定
  • 中興開山:心昭空外
  • 御由緒

海蔵寺は古都鎌倉の扇ヶ谷の北、風光明媚な渓間にたたずむ臨済宗建長寺派の古刹である。もと真言宗の寺跡であるこの渓に1253年、宗尊親王の命によって従5位前能州大守藤原仲能が本願主となり、七堂伽藍が再建された。しかし、1333年鎌倉幕府滅亡のおりに烏有に帰した後、1394年4月、鎌倉御所足利氏満の命により上杉氏定が再建したのが、海蔵禅寺である。氏定は心昭空外を開山に招いて菩提寺とした。

1577年建長寺に属し今日に至っている。

 

※海蔵寺 略縁起より一部抜粋

 

実際の様子

山門

JR横須賀線の線路沿いを歩き、途中で道を曲がった住宅街の先に海蔵寺はあります。

階段の先に見える山門が目印です。

石畳の道を進み、階段を上って山門をくぐりましょう。

遠くから見ると小さく見えていた山門ですが、近くで見ると歴史を感じる木造の造りでとても素敵でした。

山門の先に続く境内へ進んでいきましょう!

 

山門の先に広がる景色

山門の先は石畳が敷かれ、趣のある境内が広がっています。

この参道の左手は苔のむした庭園になっていました。

新緑の季節に来ると、綺麗な苔庭をみることが出来そうですね〜!

苔庭と反対側、木々の奥にお寺の梵鐘がありました。

そして茅葺き屋根の大きな建物があります。

この建物は寺務所です。近くにある本堂とも繋がっています。

御朱印を頂く際は、寺務所の玄関で対応して頂きましょう。

 

本堂とその周辺

参道を進んで行くとつきあたりにみえてくる本堂。別名 龍護殿と呼ばれているお堂です。

本堂には十一面観音が安置されています。

 

本堂の手前には小さな石灯籠が置かれていました。

本堂の右隣には寺務所のある建物と繋がる廊下があります。

廊下には書が飾られていました。

本堂内や御朱印を頂く玄関にも飾られていましたよ〜

 

本堂の左奥歯少しだけ進めるようになっています。

洞窟のようになっている場所の奥には、お墓や灯籠のようなものがたくさん並んでいました。

 

非公開の庭園もここから少しだけ見ることが出来ます。

ご住職が造られた庭園なのだそうです。

立ち入り禁止ですが、素敵なお庭をみることが出来て、満足です!

 

こちらは仏殿。本堂の左手前にあります。

薬師堂とも呼ばれています。

こちらは薬師三尊像と十二神将像が安置されています。

 

十六井戸

仏殿の近くに十六井戸へ続く道があります。

十六井戸は岩窟の中にある鎌倉時代の井戸です。

16個の穴がある井戸があるので、この名がついています。

 

井戸へ続く道は、途中途中に看板があるのでスムーズに行くことが出来ます。

車が通れないような細い路地も進みましょう!この道素敵だなぁ。

途中に洞窟のようになっている自然のトンネルもありました。

自然のトンネルわくわくしますね〜!!

なんだか、浄智寺の布袋尊へ続くトンネルを思い出しました。

 

トンネルの先を抜けると、民家が並ぶ住宅街になっています。

その向かい側の岩壁の中に井戸があるのです。

ここまできたらもうゴールはすぐそこ!

木の扉の中が十六井戸ですよ〜!

 

こちらが十六井戸。中央に観音さまが祀られています。その下に弘法大師像があります。

写真では12個の穴しか見えませんが、実際には16個の穴があります。

この十六井戸は十六菩薩こと金剛菩薩を表現しているもので、金剛菩薩に供え捧げる水が閼伽という功徳水であると言われています。

 

御朱印

こちらのお寺では鎌倉三十三観音、鎌倉二十四地蔵、鎌倉十三仏霊場、相模国二十一ヶ所弘法大師5番札所、東国花の寺百ヶ寺の5種類の御朱印を頂くことが出来ます。

1度に頂ける御朱印は1つなので、巡礼以外で伺う場合は特に、どの御朱印を決めてから頂きましょう。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

鎌倉三十三観音の巡礼で伺ったので、「26番札所 南無十一面観世音」の御朱印を頂きました。

 

限定御朱印情報

こちらのお寺では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷4-18-8
電話番号 0467-22-3175
開門時間 9:30~16:00
御朱印受付時間 開門時間と同じ
拝観料 100円

十六井戸のみ拝観料が必要です。

駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR/江ノ電「鎌倉駅」より 徒歩20分
公式サイト ありません

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。