鎌倉の竹林フォトスポット!英勝寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

鎌倉の竹林と言えば、金沢街道にある報国寺を思い浮かべる人が多いと思います。

しかし、鎌倉の竹林スポットは他にもあるのです。

 

それが今回紹介する英勝寺えいしょうじです。

鎌倉駅西口から徒歩約10分と、アクセスもそこそこしやすい距離にあるこちらのお寺、竹林だけでなく、自然豊かで、洞窟があったりと色々魅力がある場所です。

 

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:浄土宗
  • 山号:東光山
  • 寺号:英勝寺
  • 創建:1636年
  • 開基:英勝院尼
  • 開山:玉峯清因
  • 御由緒

英勝寺の土地はかつてより、亀ヶ谷、扇が谷などと呼ばれ、平安時代には源頼朝の父・義朝の屋敷が建っていました。しかし鎌倉時代には寿福寺に変わりました。

鎌倉幕府が滅ぶと、鎌倉は足利氏の支配地となり、扇ガ谷は上杉氏が支配することに。上杉氏の家臣である太田道灌もこの上杉屋敷の一角に居を構えました。しかし1486年、扇谷、山内両上杉氏の対立に巻き込まれ、太田道灌は暗殺されてしまいます。

その後、戦国時代が終結に向かう中で、関東の支配者である徳川家康は、自分が源氏の血統であることを理由に、鎌倉の復興に尽力します。また没落した関東の名家の救済にも力を入れ、太田道灌5代の重政も鎌倉に招かれました。その妹のお八が江戸城に参上し、家康の夫人になります。

家康の寵愛を受けたお八は、お梶と名を改め、戦場に同行します。すると家康は連戦連勝し、関ヶ原の勝利を祝い、お勝と名を賜ります。お勝は、大阪冬の陣、夏の陣にも同伴しています。

徳川家康の逝去後、お勝は出家し、英勝院と名を改めます。その後、寺を開き、1636年に仏殿が完成。英勝院が逝去したのち、寺領は加増さて、祠堂や山門、鐘楼などが加わりました。以来英勝寺は水戸家の御寺として370余年の歴史を重ねることとなります。

 

※こちらのサイトより引用

 

英勝寺へ参拝!

実際に参拝して撮影した写真を載せていきます。

英勝寺への入口

鎌倉駅から歩いて行くとこちらの門が見えてきます。

この門が入口?しかし開いていませんよね。

少し歩いて行くと、英勝寺と書かれた小さな入口があります。

ここが入口です。

大人はかがまないと入れないくらいの入口ですが、ここから入ると、拝観料を払う窓口があります。

参拝前に、こちらに御朱印帳を合わせて預けると、帰る時に受け取れるので便利です。

 

山門と本堂

境内には本堂までの順路があります。

 

まず順路に従って参拝しましょう。

こちらが山門。

とても立派で、正面から撮影するとカメラにおさまりません。

 

山門の先に見えているのが本堂です。

こちらの本堂へ参拝させて頂きました。

本堂前には山門と本堂と書かれた看板の他に手書きの説明書きがあります。

本堂の屋根の下に十二支がいると書かれています。

 

まずは本堂側から山門を撮影します。

本当に立派だなぁ。

 

そして本堂の周りを一周し、十二支を見てみました。

酉年なので鳥さんを撮影。

 

こちらは山門前の道ですが、少し紅葉がはじまっています。

 

門や洞窟など、境内を散策!

参拝後は、境内散策!

本堂脇にはもう一つ、古い門がありました。

 

山門の脇には、この様な石の階段があります。

この階段を上っていくと、仏様が見えてきます。

階段を上りきると、全身が見えました!

隣には太子堂という社があります。

そして背後は崖!

岩肌がよく見えます。

 

階段のすぐ近くには、小さな洞窟があります。

入口はこんな感じ。全く中が見えません。

中に入ってみると明るい時間なら出口から光が差してなんとな〜く進める感じです。

途中には仏様がいましたが、こちらは暗すぎて写真が撮れず…

出口は石の階段になっています。

この写真、出口から出た後に撮った写真。

洞窟に入ると、ここから出てくるようになっています。

結構斬新な体験でした…!

 

竹林の道散策

竹林は、本堂や先ほど紹介した洞窟などとは別の位置にあります。

境内への出入口からまっすぐ進んだ場所が、竹林は続いているのです。

 

こちらの階段を上って、竹林へ向かいます。

階段を上ると、門があり、奥に竹林が見えて来ます。

入口の写真。ここから竹林の道へ入ることが出来ます。

竹林の道の写真。

柵で区切られているので、竹林自体は立ち入り禁止になっています。

先ほどの竹林への入り口を反対側から撮影。

竹林の道、絵になりますね〜!

風情があって良い感じです。

場所により、緑だったり少し黄色くなっていたりします。

 

竹林の向かい側には建物があります。

この建物と緑の木々の写真も風情があって良いですねぇ。

紅葉シーズンになると緑の葉が紅く染まり、また違う景色になりそうですね!

 

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

はさみ紙の他に、紅葉シーズンの山門の写真が綺麗なポストカードがはさまれていました。

季節によってこのポストカードも変わるのかもしれません。

 

冒頭でも書きましたが、拝観料を払う場所に預けて境内を散策し、帰りに受け取るのがオススメです。

引換券を渡して頂けるので、御朱印帳の取り違えなどもないと思います。

 

英勝寺、はじめていきましたが、とても素敵なお寺でした。

拝観料を支払う際に対応してくださったお寺の方もとても親切で、境内は自然豊かで竹林をはじめ、たくさんの見所がありました。

 

鎌倉駅からもそこまで遠くないのですが、そこまで混雑していませんでした。

穴場だと思うので、是非一度訪れてみてください!

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市扇ガ谷1-16-3
電話番号 0467-22-3534
拝観時間 9:00~16:00
御朱印受付時間 9:00~16:00
拝観料 大人 300円

高校生 200円

小中学生 100円

駐車場 無料駐車場はありません。
最寄り駅からのアクセス  JR、江ノ電「鎌倉駅」西口より 徒歩11分
公式サイト ありません

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。