【北鎌倉】東慶寺で紫陽花とかを満喫してきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、JR北鎌倉駅を降りてすぐの所にある、東慶寺です!

鎌倉の紫陽花と言えば、明月院や長谷寺がよく名を挙げられますが、こちらのお寺もとても綺麗に紫陽花が咲いていました!

このお寺は、基本的に1本道になっていて、奥へと進んでいくようになっています。

 

大通り沿いに建っている東慶寺。

こちらを目印に入っていくのがオススメです。

早速紹介していきたいと思います!

 

寺の概要

  • 御本尊:釈迦如来
  • 宗派:臨済宗円覚寺派
  • 山号:松岡山
  • 寺号:東慶総持禅寺
  • 通称:東慶寺
  • 創建:1285年
  • 開基:北条貞時
  • 開山:覚山尼
  • 御由緒

東慶寺は今から約720年前、弘安8年(1285)に北条時宗夫人の覚山志道尼が開創いたしました。

 

封建時代、女性の側から離婚できなかった時代に、当寺に駆け込めば離縁できる女人救済の寺として明治に至るまで600年の永きにわたり、縁切りの寺法を引き継いできました。 明治4年(1871)には縁切りの寺法は廃止となり、尼寺の歴史も明治35年(1902)に幕を閉じました。 明治38年(1905)に釈宗演禅師が入寺、中興開山となり、新たに禅寺としての歩みを始めました。 師の高徳ゆえ、門下には居士、哲学者、政財界人多く、鈴木大拙もその一人でありました。 のちに裏山に「松ヶ岡文庫」を設立、世界的禅文化の発展の拠点ともなりました。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

入口周辺は紫陽花が綺麗に咲いていました。

東慶寺に入るには、まず階段をのぼって門をくぐります。

 

階段の両端は、紫陽花が綺麗に咲いていました。

紫陽花のみでも撮影。

綺麗ですねぇ。

 

こちらの門の先で拝観料を払い、境内へ入ります。

紫陽花と門を一緒に撮影しました。

境内にもたくさんの花が咲いています。

もちろん、紫陽花もありました!

本堂とその周辺の景色

先へ進むと、本堂は道をそれた所にありました。

わかりやすいように、本堂という立て看板があります。

 

こちらがその看板と本堂へ続く門。

こちらの紫陽花も綺麗に咲いています。

 

本堂の写真。

青紅葉と柳が綺麗です。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

参拝後は更に先へ進みました。

見頃が過ぎてしまいましたが、こちらはアヤメが咲いているところです。

 

境内の紫陽花。

色々な品種の紫陽花があって、みていて飽きません。

 

こちらの写真は本堂の向かい側あたりにある茅葺き屋根の門。

中に入ることは出来ませんが、この門を見るだけで風情がありますね!

 

こちらは御朱印を頂くことのできる場所近くにある場所。

右手前は、水鉢でしょうか?

ここには、椅子とテーブルがあったので、この景色を見ながら、ゆっくり休むことが出来ます。

 

奥へ進むと、苔の緑の世界が広がっていました。

本堂より更に進むと、苔むした階段がありました。

周りの木も緑なので、緑の世界です。

 

石にもたくさんの苔があります。

先ほどの紫陽花が咲いていた場所とは全く違う景色ですね。

 

こちら、檀家さんのお墓が所々にあり、そこへ行く為の階段となっていました。

奥へと続いている階段。

 

灯篭にも苔が!

 

 

御朱印と香袋

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

本堂から少し先に進んだところにあります。

御朱印は10人以上待ちで、1人の女性が書いていらっしゃったので、お金を支払い、番号札を受け取った後、境内を散策しました。

 

同じ建物の中に売店がありました。

その売店に、鶏の香袋があったので、ついつい買ってしまいました。

値段は1300円。

中には、お香の他に、水月観音様のお守りも入っています。

可愛いですよね…!!!

 

はじめてこのお寺へ参拝させて頂きましたが、とても親切にしてくださる方々だったので、良い思い出になりました。

 

この東慶寺は、四季折々で違う花が見頃を迎えて、1年中楽しめるようになっているようです。

北鎌倉駅からのアクセスも良いので、いつ行っても景色が楽しめそうです。

ぜひこの東慶寺、一度行ってみてください!

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1367
電話番号 0467-22-1663
拝観料 大人 200円、小中学生 100円
拝観時間 4月〜9月 8:30~16:30

10~3月 8:30~16:00

御朱印受付時間 拝観時間と同じ
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス JR「北鎌倉駅」より 徒歩3分
公式サイト こちら

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。