【北鎌倉】季節限定公開している長寿寺へ行ってきた【神奈川の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、北鎌倉駅から徒歩12分くらいのくところにある、長寿寺です!

建長寺のすぐ近くにあります。

 

 

こちらのお寺の境内は、季節、時間限定公開のお寺です!

しかも雨が降ると期間中でも拝観出来ない場所なので、行こうと思っても行けない時もある場所なのです。

運良く行った日が曇りの日だったので、拝観することが出来ました。

 

拝観料を払うところは、大通り沿いの道から階段を登りきったところにある門の所でした。

こちらは門を見上げた所の写真。

この下にあるお賽銭箱に拝観料を入れると、境内へ入ることが出来ます。

ちなみに、小銭がなく、お釣りが欲しい場合は、お賽銭箱の所にお寺の方がいらっしゃるので、そちらの方に声をかけると、お釣りをもらう事ができます。

それでは、紹介していきたいと思います!

 

寺の概要

  • 御本尊:観音菩薩
  • 宗派:臨済宗建長寺派
  • 山号:宝亀山
  • 寺号:長寿寺
  • 創建:南北朝時代初期
  • 開基:足利基氏
  • 開山:古先印元
  • 御由緒

創建年・開基ともに不明であるが、鎌倉公方足利基氏が父尊氏の菩提を弔うために建立したと伝える。境内には足利尊氏の遺髪を埋めたと伝わる五輪塔がある。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

まずはお堂の中へ

境内に入ると、所々に看板が立っていて、順路が示してあります。

その案内に従うと、まずはお堂へ参拝するようになっていました。

建物内は私語厳禁です。

 

靴を脱いでお堂へ入ると、お寺の方が参拝記念のポストカードをくださるので、そちらを頂いて中へ入ります。

御朱印が欲しい場合、お堂へ入ってすぐの所へ御朱印帳を預けて、番号札を受け取りましょう。

お堂へから出る際に、御朱印帳を受け取り、お金を支払うようになっています。

 

そして参拝。

参拝後は、綺麗に整備されている庭の景色を眺めることが出来ます。

 

お堂から、入口の門が見えます。

少しお堂の前で座って休憩。

 

先ほどと同じ場所から撮影した別アングルの写真。

鐘が見えます。

 

お堂内から見た景色

参拝後は、入ってきた玄関を通り、反対側の廊下へ進みます。

するとそこには趣のある和室と、綺麗な庭園が広がります。

 

室内から外を見た写真。

所々に座るためのスペースがあるので、そこでゆっくりと風情ある景色を楽しむ事が出来ます。

ちなみに、飲食禁止です。

 

廊下を撮った写真。

和室の廊下も風情があって好きです。

良い雰囲気ですよね。

 

こちらは和室内の上についている蛍光灯の写真。

懐かしい日本の家という感じが、良い雰囲気です。

 

和室は一部屋ではなく、いくつか部屋があります。

それぞれの床の間には、掛け軸などが置いてありました。

別の部屋の写真。

部屋ごとに床の間の広さも違います。

 

縁側に座って見た庭園。

緑が綺麗です。

 

お堂を後にして、外を散策

お堂を出ると、次の順路があります。

次の順路に従って進むと、緑の木々が生い茂る道が広がっていました。

この先へ進みます。

 

先へ進むと、苔の生えた地面が綺麗な景色が広がります。

階段があったり、道があったり、着くところは同じですが二つの道に分かれていました。

階段をのぼると、足利尊氏のお墓があります。

 

更に進むと紫陽花の咲いている道が見えてきました。

この先は、先ほどお堂の中から見ていた庭の一部が広がっています。

 

こちらもその庭の一部。

立派な緑の草木が、綺麗に整備されていて素敵なところでした。

 

御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

値段は300円。

 

限定という言葉を聞くと、ついつい気になってしまいますよね。

このお寺、今回は新緑の季節に参拝させて頂きましたが、次の公開は秋の紅葉シーズンです。

紅葉シーズンはまた違った雰囲気が楽しめる気がしますね。

初夏、もしくは秋に北鎌倉散策をする人は、ぜひこちらの長寿寺へ行ってみてください!

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市山ノ内1520
電話番号 0467-22-2147
拝観料 200円
拝観時間 10:00〜15:00
拝観時期 4月〜6月、10月、11月の金土日祝
御朱印受付時間 拝観時間と同じ
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス JR「北鎌倉駅」より 徒歩12分
公式サイト ありません

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。