群馬縣護國神社へ行ってきた【群馬の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは群馬縣護國神社ぐんまけんごこくじんじゃです!

全国47都道府県にある護国神社のうち、群馬の護国神社はこちらになります。

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:群馬県出身関係国事殉難者の方々
  • 例大祭日:10月16日、17日
  • 創建:1941年
  • 御由緒

明治42年に群馬県招魂会が結成され、高崎公園内の英霊殿で毎年招魂祭を行っていた。昭和14年制度改革により1県に1つ護国神社を作ることになり、7月5日に群馬縣護國神社造営委員会が発足、昭和16年11月8日に内務大臣指定護国神社に指定され、同年11月19日に支那事変に至るまでの戦死者3.573柱を合祀した鎮座祭が行われた。その後大東亜戦争関係の戦死者を合祀し、現在は4万7千274柱が祀られている。

第二次大戦後のGHQ占領下においては誠霊廟、後に上野神社と改称した。独立後の昭和29年7月12日に元の社名に復した。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

鳥居と参道

神社の一の鳥居。

大きな鳥居の左右に、同じく大きな石灯籠があるのですが、周りが樹々に囲まれているので写真では小さく見えますね〜

この護国神社は山の麓にあるので、自然豊かなようです。

ちなみに、この山を登っていくと、高崎市街からも見える、山の中の大きな白衣観音像がある高崎観音へ着きます。

 

それでは護国神社の鳥居を進んでいきましょう。

鳥居の先の参道は緩やかな坂になっています。

 

手水舎と狛犬

坂を進んでいくと左手に手水舎があります。

規模が大きな手水舎です。こちらで手を清め、更に進みます。

手水舎のすぐそばに狛犬もいます。

 

拝殿

狛犬の写真にも写っていた白い鳥居は、二の鳥居です。

こちらの護国神社の鳥居はどちらも白い色をしているのが特徴的なポイントですね!

 

この奥に見える拝殿へ参拝させて頂きました。

拝殿前では七五三の記念撮影をしている方がいたので、拝殿を近くで撮影した写真はありません。

二の鳥居から拝殿まで続く参道は、左右に芝生があるのが特徴です。

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

御朱印は社務所で頂くことが出来ます。

社紋の桜の印が可愛い御朱印です。

 

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 群馬県高崎市乗附町2000
電話番号 027-322-6309
開門時間 24時間

※夜間の参拝は控えましょう

御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から遠いので車やバスで行くのがおすすめです
公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣

山を登って行くと高崎観音のいる慈眼院があります。

 

群馬県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

群馬観光の参考にしてみて下さい!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。