【前橋】三夜沢赤城神社へ行ってきた【群馬の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは三夜沢赤城神社みよさわあかぎじんじゃです!

赤城山のふもとにある神社です。山のふもとなので、とても自然豊かな場所にある神社ですよ~!

 

早速紹介していきます!

 

神社の概要

  • 御祭神:大己貴命、豊城入彦命
  • 御利益:諸願成就
  • 例大祭日:5月5日
  • 創建:不詳
  • 御由緒

群馬県中部に位置する赤城山の南側の山腹に鎮座する。明治時代以前は東西2宮であったが、明治時代以後は1宮となった。参道は一の鳥居で南の大胡方面、東の苗ヶ島方面、西の市ノ関方面の3方向に分かれている。大胡方面に続く道には江戸時代に植えられた松並木が現存する。

本殿と中門は県指定重要文化財に指定されている。本殿を南へ500mほど下った参道沿いには惣門があり、同じく県指定重要文化財に指定されている。また、拝殿と中門の間、中門のすぐ正面には、群馬県指定天然記念物の「たわら杉」がある。そのほか、境内には明治3年3月に建てられた「神代文字の碑」もあり、復古神道の遺物として市指定重要文化財とされている。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

西瓜の碑と鳥居

神社の駐車場から神社へ向かって歩いているた、途中に大きな西瓜の石像があります。

こちらは西瓜の碑。西瓜を美味しく頂けることに感謝する意を込めて作られた像です。

 

その先にある赤城神社の鳥居。

とても大きな鳥居なのですが、とても細いです!

周りにある杉の木と同じくらいの太さですねぇ。

木造の鳥居なので、もしかしたら使われている木も杉なのかな?

木に詳しくない素人でもこんな風に連想できるのは、自然に囲まれた神社だからこそですよね!

 

この鳥居をくぐり、境内へ行きましょう!

 

参道と手水舎

鳥居の先に参道が広がります。

さすが山のふもと!

縦写真にするとわかりますが、とにかく木が大きい!!

参道の左右にある石灯籠もかなりの大きさですが、写真で周辺の木と比べてしまうと小さく感じます。

実際にここを歩くと、全てが大きくて見上げるくらいの大きさなんですけどね〜

 

参道を進むと右手に手水舎があります。

手水舎の周りは水が澄んだ池になっています。

鯉が泳いでいる姿も見えました!

青紅葉が綺麗〜!

同じ時期でも、大洞赤城神社の周辺は紅葉シーズンが終わりそうだったのに、こちらはまだまだ紅葉シーズンが先ですね。

同じ山でもこんなに違うんだなぁ。

 

少し進むと狛犬があります。

拝殿に近付くにつれて、どんどん周辺は苔むした場所になります。

素敵〜!

それにしてもやっぱり木が大きい…!

 

拝殿と光の道

拝殿が奥に見える写真。

参道だけ整備され、その左右は自然豊かな苔の道になっていることがわかります。

 

こちらが拝殿。

横に長い造りで、歴史を感じる木造建築の社です。

 

参拝後、拝殿から参道の方を見てみると、日のさす道が、光の道のように見えました。

神秘的な雰囲気ですねぇ。

この写真は午後3時頃に撮影しました。

だいたいこの時間だと、このような光の道が見えるのかもしれません。

 

御朱印

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

授与所で頂くことが出来ます。

「赤城神社」と墨書きされたシンプルな御朱印です。

 

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

アクセス

住所 群馬県前橋市三夜沢町114
電話番号 027-283-1268
開門時間 24時間

※周辺は暗いので夜間の参拝は控えましょう

御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料
最寄り駅からのアクセス 最寄駅からの遠いので車やバスで行くのがおすすめです
公式サイト ありません

 

合わせて寄りたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに赤城山不動院 龍願寺があります。

赤城山の山頂へ行くと大洞赤城神社があります。

 

群馬県内にある神社やお寺をまとめた記事はこちらです。

群馬観光の参考にしてみて下さい!

 

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。