東京タワーのすぐ近く!増上寺塔頭 宝珠院へ行ってきた【東京の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは増上寺塔頭宝珠院ほうしゅいんです!

増上寺の塔頭と言うこともあり、場所も増上寺のすぐ近くにあります。

こちらのお寺は港七福神の辨才天と港区重要文化財の閻魔大王像が有名です。

しかも増上寺よりも東京タワーから近いので、合わせて観光することも出来ますよ~!

ちく

早速紹介していきます!

寺の概要

  • 御本尊:阿弥陀如来
  • 宗派:浄土宗
  • 山号:三縁山
  • 院号:宝珠院
  • 創建:1685年
  • 開山:霊玄上人

御由緒

貞亨2年霊玄上人のとき現在の地に増上寺の伽藍群のひとつとして開山。

 

※Wikipediaより引用

 

実際の様子

参拝までの道

宝珠院は、芝公園の端の方にあります。

入口には赤い旗(弁財天)がたくさん並んでいるので、おそらく近くまで来たらこの旗を目印に進んで行きます。

旗の間を進むと、右手に手水舎があります。

この手水舎は、真ん中についている水道の蛇口を自分でひねり、必要な分だけ水を出すタイプの手水舎です。

 

手を清めたら、すぐ先にある本堂へ参拝しましょう。

本堂の外にしかお賽銭箱が用意されていないので、参拝は外で行います。

お守りや御朱印の授与、写経は本堂内ですることが出来ます。

希望する人は、参拝後、本堂内へあがり授与してり写経をしたりしましょう。

境内の見どころ

本堂の左側のあたりにあった苔玉と器。

暑い日は特に涼しさを感じるような置物ですね。

宝珠院では定期的に苔玉づくり教室のイベントも開催されているようなので、やってみたいという人はいかがでしょうか?

ちなみに、他にも念珠づくりやヨガ、お茶会などのイベントを開催する日もあるそうです!

 

こちらは天上天下賽銭箱。

大人が上を見上げるくらいの位置にあるお賽銭箱です。

夢や希望を高く持つチャレンジ精神が多い人の為に用意されているそうです。

このお賽銭箱へお賽銭を投げ入れると運気が上昇する御利益があるとされています。

三竦み(さんすくみ)の像

三竦みとは「蛇がカエルを食べる、カエルがナメクジを食べる、ナメクジが蛇を溶かす」と言うことを表しています。

つまりこの3種類の生き物が同じ場所にいると、物事が動かなくなると言われているのです。このお寺では、この物事が動かなくなると言う事が、転じて、平和を願うお寺の気持ちと繋がることから、境内に蛇、カエル、ナメクジの像が置かれています。

 

この記事ではすべての像の載せていますが、参拝へ行く予定がある人は、是非探してみて下さいね!

ナメクジは特に見つけるのが難しいかも…

 

まずは蛇!

この蛇の像は3体の中で一番見つけやすいと思います。本堂のすぐ右側にありました。

後ろにはお地蔵さんもいます。

 

カエル。

木の根元にいます。まるで擬態して蛇から隠れているようにも見えますね。

 

そしてナメクジ。これわかるでしょうか…?

石にナメクジの絵が彫られているのです。

これがナメクジの像です。パッと見ても気付かないですよね〜

 

それぞれの像の近くに、三竦みの説明をしている看板が立っています。

看板の近くに像もあるので、看板の場所がヒントになっているのです。

宝珠院へ行ったら、ぜひ探して見てくださいね!

宝珠院は鳩や雀たちのオアシスでもあるらしい

宝珠院は芝公園と言う東京タワーのふもとの公園内にあると言うこともあり、緑が豊かです。

その為か、宝珠院周辺には鳩や雀たちがたくさんいました。

冬のもふもふ雀たち。

地面をひたすらついばむ雀や鳩たちがいっぱいいます。さすがに近付いたら逃げてしまいました。

 

鳩たちは赤信号のタイミングで車道に出て、地面をついばんでいました。

青信号になっても車が近付くまで逃げない鳩たちだったので、ちょっとびっくり。

肝が据わっているのか、それとも何も考えていないのか…?

2019年2月に伺ったところ、境内は改装中でした

2019年2月中旬に伺ったところ、境内は改装中で以前写経をしたりした本堂へ入ることが出来ないようになっていました。

あるのはこのプレハブ小屋のみで、御朱印の窓口もこちらにありました。

参拝もプレハブ内に用意されている仏様の写真へ参拝するようになっていました。

場所は御朱印窓口の左手を進んだ先の外です。中へ入ることは出来ず、外から参拝するようになっていました。

 

三竦みの像のカエルや蛇も一時的に避難中でした。

工事が終わるのが楽しみですねぇ。

御朱印帳と御朱印

御朱印は本堂内で頂くことが出来ます。

こちらのお寺では通常頂ける御朱印の他に、辨才天にちなんで巳の日限定御朱印が登場したり、写経をした人だけが頂ける御朱印があります。

 

こちらで頂ける御朱印の神様仏様それぞれに縁のある日にも特別な御朱印が登場します。

巳の日限定の辨才天御朱印もそのうちの1つです。

 

こちらは写経をすると頂ける御朱印の案内。

今回は写経をしなかったので、先に写経して頂ける御朱印のみ境内にある案内の写真を載せます。写経は一筆写経(500円)と般若心経写経(1000円)があります。

写経用の道具や席は本堂内に用意されているので、気軽に誰でも写経をすることが出来ます。

 

頂いた御朱印は、帳面に書いて頂ける御朱印が4種、書置きが1種です。

全て値段は300円でした。

帳面に書いて頂ける御朱印(2018年6月に頂いた御朱印)

まずは帳面に書いて頂ける御朱印4種を紹介します。

左が薬師如来、右が阿弥陀如来の御朱印。

 

左が閻魔大王の御朱印、右が辯才天の御朱印(巳の日限定)です。

特に巳の日限定の辯才天の御朱印は、月の印が変わります。

巳の日でもこの特別な印が押されていない通常の辯才天御朱印もあります。

巳の日限定 書置きの御朱印(2018年6月に頂いた御朱印)

巳の日限定には、書置きの絵入り御朱印があります。

季節ごとにこの絵が変わるようで、ヒマワリと白蛇の絵が描かれているのは6月から8月限定です。

境内に掲示してあった案内によると、9月から11月の間は落ち葉の中から顔を出す白蛇の絵が描かれた御朱印を頂くことが出来るそうです。

2018年12月に頂いた御朱印

2018年12月限定の見開き御朱印。

阿弥陀如来、薬師如来、辯才天、閻魔大王の4種のうち、2種を頂きました。

それぞれ値段は600円。

 

中央に押されている鶴の絵もハンコです。そして右下の赤丸の印には「十二月 師走」と書かれています。この印は月ごとに変わる印で、他の御朱印にも押されるのですが、月によって文字だけでなく色も変わります。

2019年2月に頂いた御朱印

今回は書置きでの対応のみだったので書置きの御朱印を頂きました!

こちらは2019年2月の季節の見開き御朱印です。

タイトルは「春はすぐそこ梅と鶯と戯れる猫」

梅の花が見頃の2月らしいほっこりする御朱印です。

 

まだ在庫があるそうで、2019年1月の季節の見開き御朱印も頂きました!

タイトルは「謹賀新年 亀と富士」

新年らしい縁起の良いイラストが描かれている御朱印です。

2019年4月に頂いた月替わりの御朱印

2019年4月、平成最後の月に頂いた御朱印の中から、まずは月替わりの御朱印から!

薬師如来の御朱印です。

4月の御朱印は「春爛漫 桜とメジロ」

綺麗な桜の上にメジロたちがたくさんいます。

巳の日限定&特別御開帳の辯才天御朱印(2019年4月に頂いた御朱印)弁財天

2019年4月に頂いた辯才天の御朱印は3種です。

左から巳の日限定春デザイン御朱印(書置のみ)、巳の日限定御朱印(直書のみ)、特別御開帳御朱印(書置のみ)です。

巳の日限定の平成最後の御朱印(2019年4月に頂いた御朱印)

こちらは平成最後の金色の墨書きが入っている御朱印です。

「平」和な毎日にありがとう 笑顔あふれる 未来に「成」りますように 合掌

と書かれている御朱印です。

巳の日のみ「未来」のの文字がに変わります。

一筆写経で頂ける御朱印(2018年12月に頂いた御朱印)

一筆写経いっぴつしゃきょうをした人限定で頂ける御朱印、この時は写経をしたので御朱印も頂きました!

南無阿弥陀佛と10回書かれている御朱印で、その文字の上にある梵字は御本尊である阿弥陀さまを表すものです。下には蓮の花が書かれています。

この御朱印は参拝した日付が書かれない御朱印なのですが、右下に押される印が伺った月の印になります。

一筆写経をしたからこそおすすめしたい、宝珠院での写経

写経、興味あるけど実際にやるのはどうしようかちょっと迷う…そもそも準備とか必要なのでは?と思っている人も多いのではないでしょうか?

 

そんな人にこそ、はじめての写経は宝珠院をおすすめしたいです…!

 

写経を希望すると、専用の写経用紙を用意して下さり、席まで案内して頂けます。

席はテーブル席で、椅子に座っておこなう形になります。

あらかじめ、席には筆ペンが用意されているので、こちらをお借りして写経をすることになります。

写経を始める前に、まず塗香と言うお線香で身を清めます。清め方も丁寧に解説して下さるので、心配はありません。

 

身を清めたら写経スタート!お経をなぞりましょう!

写経を終えたら、お寺の方に声をかけます。すると、写経用紙を持って読経して下さり、そのまま仏様へ納めてくれました。

 

写経を終えた後は記念撮影も可能です。

自分の写経用紙と頂いた御朱印を並べてみました。

お借りした筆ペンも写っています。

筆ペン、2本ありますよね。片方は太め、もう片方は細めなのです。

お経をなぞるときは太めの筆ペンで、日付や氏名などは細めの筆ペンのほうが書きやすいそうで、その為2種の筆ペンを用意して下さっているのだそうです。

 

私は写経を何度かしたことがあるのですが、やはり何度しても良い経験だと思いました。

ほんのちょっとの時間でも写経をする間はお経をなぞることにのみ集中出来るので、心が静かになるのです。

何も考えず、心を無にして文字をなぞる…すると、自分が写経をしている時の筆の音が聞こえています。

この音がなんだか心地よく聞こえてきて、穏やかな気持ちになれるのです。

気軽な気持ちではじめてみると、やってみて良かったなぁと思える体験になると思います。

 

ぜひ迷っている人は宝珠院で写経をしてみて下さい!

限定御朱印情報

毎月巳の日、己巳の日に弁財天御朱印が登場します。

12日に1度の巳の日に限定御朱印が登場します。限定御朱印に白蛇の絵が描かれている書置きの御朱印があるのですが、こちらは春夏秋冬(3ヶ月ごと)に絵が変わります。

 

季節の御朱印が登場します。

月替わりの見開き御朱印が登場します。

 

正月限定御朱印が登場します。

数量限定の御朱印です。

 

この他にも限定御朱印が登場することがあるかもしれません。

最新情報は公式Twitter(@hoshuin)をチェックしましょう!

 

アクセス

住所 東京都港区芝公園4-8-55
電話番号 03-3431-0987
開門時間 9:00~17:00
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス 都営大江戸線「赤羽橋駅」より 徒歩5分

都営三田線「芝公園駅」より 徒歩7分

公式サイト こちら

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

この周辺には増上寺、更に芝大神宮東照宮幸稲荷神社佛願寺があります。

芝大神宮の兼務社として浜松町駅の近くに讃岐小白稲荷神社があります。

大本山 増上寺へ行ってきた【東京の寺院】 【2018年】東京で頂ける夏越の大祓&七夕の節句&夏詣限定御朱印まとめ 【2018年】東京で頂ける夏越の大祓&七夕の節句&夏詣限定御朱印まとめ 東京タワーのすぐ近く!芝東照宮へ行ってきた【東京の神社】 東京タワーのすぐ近く!幸稲荷神社(瘡護神社)へ行ってきた【東京の神社】 【大門/浜松町】人の優しさに触れ合える親切なお寺 佛願寺へ行ってきた【東京の寺院】

 

朝日神社から麻布十番へ向かっていくと、十番稲荷神社麻布氷川神社があります。

どちらも港七福神の神社です。麻布氷川神社はアニメ セーラームーンの聖地でもあります。

【麻布十番】十番稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】 【麻布十番】麻布氷川神社へ行ってきた【東京の神社】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在239箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。