【浅草】吉原神社(吉原弁財天)へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは吉原神社よしわらじんじゃです!

浅草から少し歩いた場所にある神社ですよ〜!

MEMO

吉原遊郭にゆかりのある神社です。

吉原遊郭に祀られていた5つの稲荷神社と吉原遊郭に隣接していた吉原弁財天を合祀ごうしした神社です。

早速紹介していきます!

神社の概要

  • 御祭神:倉稲魂命、市杵島姫命
  • 御利益:金運招福、五穀豊穣など
  • 例大祭日:5月第3金土日
  • 創建:1617年

御由緒

当社は吉原遊郭とともに歩んできた神社です。吉原遊郭は元和3年(1617)、幕府の許可を得て庄司甚右衛門が江戸市中に散在していた遊女屋を日本橋葺屋町ふきやちょうの東隣(現在の日本橋人形町周辺)に集めたことにはじまります。この地にはよしが生い茂っており、そこから「葦原」、転じて「吉原」と命名されました。しかし次第に吉原が江戸の中心地になってしまったため、明暦3年(1655)に現在地である千束村へ移転となりました。以後、日本橋葺屋町付近にあった頃の吉原を「元吉原」、移転後の吉原を「新吉原」といいます。
この「新吉原」には廓の守護神として五つの稲荷社が存在しました。吉原の入口である大門おおもんの手前に「玄徳よしとく稲荷社(吉徳稲荷社)」、さらに廓内の四隅には「榎本稲荷社」「明石稲荷社」「開運稲荷社」「九郎助稲荷社」がお祀りされていました。
その後明治5年に、これら五つの稲荷社が合祀され、総称して吉原神社と名付けられました。当初は玄徳稲荷社旧地にお祀りされていましたが、関東大震災にて焼失。震災後は水道尻付近の仮社殿にてお祀りしていましたが、昭和9年に現在地へ新社殿を造営、そのさい新吉原隣接の花園池に鎮座する吉原弁財天も合祀しました。その後昭和20年の東京大空襲で惜しくも焼失しますが、昭和43年に現社殿が造営されて現在に至ります。

 

※公式サイトより引用

元は吉原遊郭に祀られていた5つの稲荷神社がはじまりで、現在地に建てられた際、吉原弁財天が合祀され、現在に至ります。

実際の様子

こちらの神社は吉原神社と吉原弁財天が別々の場所にあります。

どちらも紹介していきます!

まずは吉原神社へ!

神社の入口はこちら。

左側に写る鳥居の先が境内です。

鳥居の右手に手水舎があります。

手を清めた後は鳥居の奥にある朱色の社殿。

こちらへ参拝させて頂きました。

 

その隣にある境内社 お穴様。

こちらにも参拝させて頂きました。

吉原弁財天

次に歩いて徒歩数分の場所にある吉原弁財天へ!

自然に囲まれた場所です。

幟もたくさん出ているので、迷わずに行くことが出来ると思います。

 

境内へ向かいます。

左奥に吉原弁財天が祀られていますよ〜!

 

その手前にあるのが吉原観音。

迫力のある観音様ですね…!!

観音様の手前には金色の蛇もいます。

 

次は弁財天へ!こちらにも参拝させて頂きました。

なんだか日本と言うよりは中国のような雰囲気を感じる気がする…!

 

弁財天の向かい側には小さな池があります。

その手前にある柵に富士山が描かれていました。

 

池には色とりどりの鯉がいました!

近くに餌が売っているわけではなかったので、あげられるわけではないようです。

御朱印

御朱印は吉原神社の拝殿手前にある社務所で頂くことが出来ます。

「吉原神社」と「吉原弁財天」の2種類の御朱印を頂くことが出来ます。

御朱印は初穂料500円です。

2017年1月に頂いた御朱印

初めての参拝で頂いた御朱印。

左が吉原神社、右が吉原弁財天の御朱印です。

 

特にこちらの神社で有名なのは吉原弁財天の御朱印。

蛇のイラストのような文字はひらがなで「よしわら」と書かれているのです。

2017年2月に頂いた御朱印

2回目の参拝で頂いた御朱印。

蛇のイラストが全然違いますね!

2018年4月に頂いた御朱印

3度目の参拝で頂いた御朱印。

何度頂いても吉原弁財天の御朱印、可愛いですね〜!

2019年9月に頂いた御朱印

久しぶりに訪れた吉原神社では吉原神社の参拝の証である御朱印(台紙タイプ)を頂きました。

見開きになっている台紙で、左側に吉原弁財天(蛇が黄金)、右側に吉徳稲荷社(吉原神社の前進の神社)の名前が書かれています。

初穂料は2000円。

▼裏面はこちら

こちらの台紙は縁起物として、玄関に飾ると良いとされています。

家を出る際、叶えたい願い事をこの台紙へむかってお祈りすると叶えてくれると言うありがたいものなのです。

値段はちょっと高めですが、その分一生もののお札のような役割をして下さるものです。

ちく

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 東京都台東区千束3-20-2
電話番号 03-3872-5966
開門時間 24時間
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 有料
最寄り駅からのアクセス 東京メトロ日比谷線「三ノ輪駅」より 徒歩15分
公式サイト こちら

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

すぐ近くに鷲神社長国寺飛不動浄閑寺永久寺(目黄不動)があります。

【浅草のおとりさま】鷲神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】東京で唯一酉の市が開催されるお寺!長国寺(酉の寺)へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】飛不動へ行ってきた【東京の寺院】 【三ノ輪】新吉原の遊女にご縁がある浄閑寺(投込寺)へ行ってきた【東京の寺院】 ちくの東京五色不動尊めぐりその2〜永久寺(目黄不動尊)編〜

 

浅草の中心エリアに浅草寺浅草神社があります。歩いて行くと兼務社である浅草浅間神社があります。

【夜の境内の様子も掲載】浅草の定番観光スポット!浅草寺の魅力をたっぷりお届けします【東京の寺院】 浅草寺のすぐ隣!浅草神社へ行ってきた【東京の神社】 浅草富士浅間神社へ行ってきた【東京の神社】

 

他に浅草七福神の矢先稲荷神社今戸神社待乳山聖天橋場不動尊石濱神社があります。

【浅草】矢先稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】招き猫で有名な今戸神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】大根がいっぱい!待乳山聖天へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】橋場不動尊へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】石濱神社へ行ってきた【東京の神社】

 

他に玉姫稲荷神社秋葉神社があります。

【浅草】玉姫稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】 【台東区】秋葉原の地名の由来になった神社!秋葉神社へ行ってきた【東京の神社】

 

その他の東京都内の神社仏閣情報や限定御朱印情報はこちらの2つの記事でチェックしてみて下さい!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在252箇所】

 

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。