【哲学の道】熊野若王子神社へ行ってきた【京都の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは哲学の道の起点になっている神社熊野若王子くまのにゃくおうじ神社です!

一番端にあることから、哲学の道、東山の社寺を散策する人などが道中の安全を祈願する神社として賑わっているそうです。

熊野神社の大本は和歌山の紀州熊野三山ですが、こちらは洛中熊野三山の一つで、那智大社を現しています。

ちく

神社の概要

  • 御祭神:国常立神、伊佐那岐神、伊佐那美神、天照大神
  • 御利益:学業成就、縁結びなど
  • 例大祭日:7月10日
  • 創建:1160年

御由緒

当社は永歴元年、後白河法皇が熊野権現を禅林寺(永観堂)の守護神として勧請せられ祈願所とされた正東山若王子の鎮守であったが、明治初年の神仏分離によって当社のみが凶に残ったのである。

 

※神社の由緒書きより引用

実際の様子

神社への入口

こちらが境内への入口。

この写真の奥に見える鳥居の先が神社の境内になっています。

 

階段の手前には階段があります。

それではいざ境内へ!

手水舎と拝殿と境内社

まずは鳥居をくぐって右手にある手水舎で手を清めます。

手を清めた後は拝殿へ参拝させて頂きました。

拝殿の左隣には境内社があります。

境内社の手前には、一つだけ屋台が出ていました。

オリジナルおみくじ

神社の注目ポイントはこちらのおみくじです!

熊野神社なのでヤタガラスのおみくじがあります。

まるっとした目が可愛いおみくじです。

初穂料は300円。

 

ヤタガラスの胸にはこの神社の名前が刻まれています。

この神社限定のおみくじと言うことがわかりますね。

おみくじは大吉でした…!わーい!

 

この他に、御神木のなぎの木の葉が入った梛守りは、様々な悩み事をなぎ倒すとされているこの神社特有のお守りも有名です。

御朱印

御朱印は拝殿の右手にある社務所で頂くことが出来ます。

今回頂いた御朱印

今回頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

社務所で御朱印をお願いすると、神社の由緒書きを頂けます。

「こちらを読んでお待ちください」と言われたので、由緒書きを読みながらその場で書き終わるのを待っていました。

御朱印と共に社務所でヤタガラスのおみくじも購入しました。

 

哲学の道を歩く際は是非こちらの神社も参拝してみて下さい!

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

アクセス

住所 京都府京都市左京区若王子町2
電話番号 075-771-7420
開門時間 24時間
御朱印受付時間 8:30~17:00
拝観料 無料
駐車場 無料(数台分あります)
最寄り駅からのアクセス 最寄り駅から遠いので、市バスを利用しましょう
公式サイト ありません

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

哲学の道のあたりには、他にも大豊神社、銀閣寺霊鑑寺、安楽寺、法然院があります。

他にも周辺には金地院や紅葉の名所として有名な永観堂、水路閣が有名な南禅寺があります。

他にも岡崎エリアに岡崎神社金戒光明寺、真如堂があります。

少し歩くと平安神宮があります。

【哲学の道】熊野若王子神社へ行ってきた【京都の神社】 【哲学の道】銀閣寺(慈照寺)へ行ってきた【京都の寺院】 紅葉シーズンの永観堂(禅林寺)へ行ってきた【京都の寺院】 水路閣と庭園が美しい!南禅寺・南禅院・天授庵へ行ってきた【京都の寺院】 うさぎがいっぱい!岡崎神社へ行ってきた【京都の神社】 金戒光明寺へ行ってきた【京都の寺院】 京都の隠れた名所!真如堂へ行ってきた【京都の寺院】

アマゾンで本を購入して調べるのもオススメですよ〜

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。