小さな御朱印帳 豆朱印帳がある大福寺へ行ってきた【京都の寺院】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、京都御所の近くにある大福寺だいふくじ(@daifukujikyoto)です!

江戸時代や明治時代に使われていた大福帳と言う、現在で言う売上帳の名前の由来になったお寺です。

 

こちらのお寺は、京都の住宅地の中にある小さなお寺ですが、手のひらサイズのとっても小さな御朱印帳「豆朱印帳」があり、御朱印集めが趣味の人の間でも注目のスポットになっています。

他にも、定期的に変わった書体の御朱印が登場したり、書いて頂ける御朱印も変わるので、つい何度も伺いたくなる場所なのです。

 

早速紹介していきます!

 

寺の概要

  • 御本尊:菩提薬師如来
  • 宗派:天台宗
  • 山号:瑠璃光山
  • 院号:利生院
  • 寺号:大福寺
  • 御利益:無病息災、当病平癒、円満福徳
  • 創建:598年
  • 開基:伝 聖徳太子
  • 御由緒

西暦600年前後と云う大昔に奈良県宮田郷の地に建立された寺院が、平安時代の初期に勅旨により京都に移設されて、七堂伽藍を整えた大寺院として、ご本尊の菩提薬師如来を安置した京都12薬師の一つでもあった。この像は聖徳太子作と伝承されている。その後に被災して焼失、規模が大幅に縮小して現在に至っているらしい。

 

※トリップアドバイザーの投稿より引用

 

実際の様子

大福寺は古い町屋の建物とビルの間にあります。

お堂内へ入ることは出来ません。

この写真の建物中央、紐が垂れている場所にお賽銭箱があるので、ここから参拝しましょう。

お堂内をのぞくと、少しだけ仏様のお姿も見ることが出来ます。

 

瓦の上には小さな布袋尊がいます。

京都には、このように小さな仏様の像が置かれているお寺や町屋がたくさんあります。

この布袋尊は別ですが、よく見かけられるのは鍾馗(しょうき)の像です。

屋根の上に置くことによって、魔除けの効果があるとされているそうです。

 

京都探索の1つの楽しみとして、ぜひこの屋根の上の像もチェックしてみて下さい。

 

御朱印

2018年5月に頂いた帳面に書いて頂ける片面の御朱印

私が参拝した時に帳面に書いて頂けた「千手観世音」の御朱印です。

値段は300円。

 

2018年5月に頂いた帳面に書いて頂ける見開きの御朱印

もう1つの帳面に書いて頂ける御朱印です。

見開きサイズの御朱印で、こちらも「千手観世音」の御朱印になります。

値段は600円。

見慣れない書体で書かれているのが特徴の御朱印です。

説文篆文せつぶんてんぶんと言う書体で書かれています。

書いて頂いたお寺の方に教えて頂きました。

 

2018年10月に頂いた帳面に書いて頂ける御朱印

5か月ぶりに京都へ行った時、大福寺へ伺ったので御朱印を頂きました。

値段は600円。

 

見開きの御朱印で「千手観世音 大千世界大乗」と書かれています。

この言葉は千手観音さまが世界中の全ての人々を救って下さると言う意味の言葉だそうです。

 

2018年10月に頂いた「大安」「薬壺」「おみくじ」の書置きの御朱印

10月に参拝した時にいくつかの御朱印が書置きで用意されていたのでそのうち3種を頂きました。

値段は各1000円です。

 

まずは「大安 壱粒萬倍日」の御朱印。

スズメの絵と金色の墨で書かれた穂が特徴の御朱印です。

特定の大安の日に用意されている御朱印です。書かれている日付は大安の日でした。

伺った日は大安の次の日だったのですが、用意がされている場合は大安当日でなくても頂くことが出来ます。

 

この御朱印に書かれた「壱粒萬倍日いちりゅうまんばいび」とは「一粒万倍日」と書かれることが多い言葉です。

この一粒万倍日に何かを始めると良い日とされています。

例えば新しいお店の開店やお金を出して何か始めるなど…

この御朱印を頂いたこと、巡りあえたことをきっかけに、何か新しいことを始めてみるのも良いかも。

 

こちらは「薬壺やくつぼ」の御朱印。

大福寺の御本尊である薬師如来さまが左手に持つ薬壺の御朱印です。

左側に書かれた「おんころころ せんだり まとうぎ そわか」は薬師如来さまのご真言。

薬師如来さまは薬壺を持つことにより、本来の力を発揮し、病から人々を救うと言われています。それにちなんだ御朱印です。

こちらも書かれた日付が当日ではなく過去の日付です。

 

こちらは「おみくじ」の御朱印。

毎月3日、大福寺ではご住職がおみくじを引きます。その結果と、それに合わせた言葉は書かれた御朱印です。

この月のおみくじの結果は第49番の吉でした。

 

豆朱印帳と豆御朱印

ミニサイズの御朱印帳である豆朱印帳がこちらです!

折り紙のイラストが書かれた可愛い御朱印帳です!

他にも色々なデザインの豆朱印帳がありましたが、その中からこちらを頂いてきました。

豆朱印帳は、購入すると「豆朱印帳」「福豆」「御朱印帳」の中から自分の好きな言葉を選んで、表紙に手書きで書いて頂くことが出来ます。

豆朱印帳と書いて頂けるようにお願いしたので、表紙には豆朱印帳と書かれています。

 

豆朱印帳はもともとメモ帳だったそうなのですが、可愛くて御朱印帳のように使えることから、大福寺で頂けるようになったそうです。

御朱印帳のように、この小さな御朱印帳にも御朱印を書いて頂くことが出来ます。

豆朱印帳は1冊300円、御朱印を書いて頂く場合、更に片面につき300円です。

 

豆朱印帳用の小さな書置きの御朱印もあったので、その中から葵祭の「葵」と言う文字が書かれた御朱印を頂きました。

こちらも説文篆文で葵と書かれています。

何枚か用意してあったのですが、「1つ1つ手書きで少し違うので、自分が良いなと思ったものを選んで下さいね」と優しく声をかけて頂いたので、写真のものをチョイスしました。

 

書置きなので自分で豆朱印帳に自分で貼り付けるようになっています。

大福寺の豆朱印でこの豆朱印帳がいっぱいになる日を楽しみに、また参拝したいと言う気持ちになりました。

 

2018年10月に再訪して頂いた豆朱印帳用の3つの豆朱印

再訪した際頂いた御朱印は普通のサイズの御朱印だけではありません。

3つの豆朱印を頂きました。

そのうち2つは通常サイズの御朱印も頂いた「大安 壱粒萬倍日」の豆朱印です。

見て頂ければわかるとおり、1つ1つ手書きなので絵が違うのです。スズメが可愛くて小さいサイズの豆朱印も頂いてしまいました。

同じ豆朱印ですが、書かれた日付が違います。どちらも大安の日です。

 

もう1つの紺色の紙に書かれた「観音」御朱印。

日付が7月9日とかなり前なのですが、この日付には意味があります。

7月9日は「四万六千日しまんろくせんにち」と言う観音さまのご縁日です。「千日詣せんにちまいり」とも言われているこの日に観音さまへ参拝すると、1日で1000日分参拝したことと同じ意味になる日です。

このことにちなみ、東京の浅草にある浅草寺では毎年7月9日と翌日10日に境内でほおずき市が開催されます。

 

豆朱印帳と通常サイズの御朱印帳を比較してみた

豆朱印帳がどれくらいの大きさなのか、比較用として通常サイズの御朱印帳と比較してみました。

平等寺因幡堂の御朱印帳(11cm×16cm)と豆朱印帳。

本当にミニサイズ…!!!

ここに手書きで御朱印を書ける大福寺の方は、手先が器用なのですね!

 

最新の御朱印情報は大福寺のTwitterをチェックしましょう!

大福寺は日によって御朱印を頂けない日があります。

基本御朱印が頂けるのは土日祝になっています。

頂ける御朱印も日によって変わるので、最新の情報をツイートしている大福寺のTwitterアカウントをチェックしてから参拝するのがオススメです。

 

大福寺Twitter→@daifukujikyoto

 

アクセス

住所 京都府京都市中京区麸屋町通二条上ル布袋屋町498
電話番号 075-231-3624
開門時間 24時間
御朱印受付時間 その日によって時間が変わります
駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス 京都市営地下鉄東西線「京都市役所前駅」より 徒歩9分
公式サイト こちら(公式Twitterへのリンクです)

 

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣

少し歩くと下御霊神社行願寺があります。

 

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。