【台東区】秋葉原の地名の由来になった神社!秋葉神社へ行ってきた【東京の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは秋葉あきば神社です!

以前、台東区の神社を紹介する記事にも載せたことがある神社ですが、個別の記事にしていなかったので、改めて記事を作成しました!

MEMO
この秋葉神社は、電車の駅名になっている秋葉原と言う地名の由来であると共に、ひさご(ひょうたん)が有名な神社です。

早速紹介していきます!

 

▼以前書いた記事はこちら

台東区の神社御朱印巡り~小野照崎神社・秋葉神社・矢先稲荷神社~【東京の神社】

神社の概要

  • 御祭神:火産霊神、埴山比売神、水波能売神(それぞれ、火、土、水の神)
  • 御利益:火災鎮護、火除け
  • 例大祭日:5月18日
  • 創建:1870年

御由緒

明治のはじめに起こった大火災の後、火除の守護神として、現在の秋葉原駅辺りの地に祀られたのが秋葉神社でした。

以降、東京一円の火災鎮護の祈願所として広く信仰され、「あきばさま」の呼称で親しまれたことから、この地を「秋葉っ原」「秋葉の原」と呼ぶようになり、これが現在の「秋葉原」の駅名の由来となっています。

明治21年鉄道開通に伴って神社は現在の地に御遷座されましたが、その後も火難守護の神社として篤い信仰を集めています。

 

※秋葉神社由緒書きより抜粋

実際の様子

鳥居と参道

秋葉神社への入口は2つあります。

こちらはそのうちの1つ、合羽橋道具街から近い鳥居です。

鳥居をくぐると木々の先に道が続いています。

ここをまっすぐ進んでいきましょう。

手水舎と狛犬と拝殿

先ほどの道をまっすぐ進んでいくと、左手に手水舎があります。

柄杓が手水舎の両サイドにセットされている手水舎、奥に伊勢神宮のポスターが貼ってあります。

 

手水舎の向かい側に拝殿があります。その拝殿の手前に狛犬がいるのです。

こちらが拝殿全体の写真。

マンションやビルがちらほらと立ち並ぶ、都会の住宅街にある神社です。

拝殿の奥にもビルが見えています。

たまたま見かけた参拝客(鳩)

参拝後、来た道を戻ると、木々の間にヤマバトを見つけました。

周辺は住宅街。きっと鳩さんにとっても、この神社は癒しの場なのかもしれませんねぇ。

御朱印

御朱印は拝殿の左手にある神札所で頂くことが出来ます。

宮司さんがいらっしゃる場合は手書き、不在の場合は書置きの御朱印が用意されています。

 

気さくな宮司さんで、楽しく会話をしながら御朱印を書いて下さる方なので、ぜひ宮司さんのいらっしゃるタイミングで伺ってみましょう!

ただし、SNSなどでの告知が一切されていないので、宮司さんがいるかいないかは、伺ってみた時の運次第です!

2017年12月に頂いた御朱印

はじめての参拝で頂いた御朱印はこちらです。

初穂料は300円。

 

はじめて伺った際、宮司さん不在との貼り紙があり、小さな御賽銭箱と袋に入った紙の御朱印が用意されていました。

300円を入れて、紙の御朱印を頂きました。

2019年6月に頂いた御朱印

2度目の参拝で頂いた御朱印はこちらです。

左は2019年の限定御朱印(大ひさご御朱印)、右は秋葉神社の通常御朱印。

初穂料は限定御朱印が500円、通常御朱印が300円。

 

限定御朱印に書かれている上の茶色いひさごは宮司さんの手書きです。

ひさごの中央に「火防魔除ひさご」とかかれた金色の印が押されています。

2020年1月に頂いた新春詣限定御朱印とNEW由緒書き

初詣シーズンに伺い頂いた新春詣限定御朱印はこちら。

初穂料は500円。

 

神社名などの墨書きはもちろん、神社名の上の竹や梅の花の花弁の部分、干支のなど一部は宮司さんの手書きです。

令和2年になり、御創建150年になると言うことで由緒書きも新しくなっていました!

表面には夜のライトアップされた拝殿の写真が写っています。

限定御朱印情報

1月1日から1月15日まで新春詣限定御朱印が登場します。

2月1日から2月3日まで節分限定御朱印が登場します。

その他、季節に合わせて限定御朱印が登場する場合があります。

2019年3月頃、桜が見頃の時期に限定御朱印が登場していました。

今後も、このように限定御朱印が登場する場合がありますが、SNSをやっていないので、現地にいかなければ最新情報がわからないようになっています。

アクセス

住所 東京都台東区松が谷3-10-7
電話番号 03-3844-5748
開門時間 9:00~16:00
御朱印受付時間 不定期

※宮司さんがいない場合は書置のみ

駐車場 ありません
最寄り駅からのアクセス つくばエクスプレス「浅草駅」より 徒歩11分

東京メトロ日比谷線「入谷駅」より 徒歩3分

公式サイト ありません

合わせて訪れたい周辺の神社仏閣情報

周辺にある「曹源寺」「東本願寺」

すぐ近くにかっぱ寺こと曹源寺があります。

少し移動すると東本願寺があります。

【台東区】合羽橋道具街のすぐ近く!かっぱ寺こと曹源寺へ行ってきた【東京の神社】 【台東区】浅草の本願寺と言えばここ!浄土真宗本山 東本願寺へ行ってきた【東京の寺院】

浅草の中心エリアにある「浅草寺」「浅草神社」「浅草浅間神社」

浅草の中心エリアに浅草寺浅草神社があります。歩いて行くと兼務社である浅草浅間神社があります。

【夜の境内の様子も掲載】浅草の定番観光スポット!浅草寺の魅力をたっぷりお届けします【東京の寺院】 ちくの坂東三十三観音巡りその6〜第13番浅草寺編〜 浅草富士浅間神社へ行ってきた【東京の神社】

浅草七福神の「吉原神社」「鷲神社」「矢先稲荷神社」「今戸神社」「待乳山聖天」「橋場不動尊」「石濱神社」

他に浅草七福神の吉原神社鷲神社今戸神社待乳山聖天橋場不動尊石濱神社矢先稲荷神社があります。

【浅草】吉原神社(吉原弁財天)へ行ってきた【東京の神社】 【浅草のおとりさま】鷲神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】招き猫で有名な今戸神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】大根がいっぱい!待乳山聖天へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】橋場不動尊へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】石濱神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】矢先稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】

少し移動したところにある「玉姫稲荷神社」「長国寺」「秋葉神社」「飛不動」「浄閑寺」「永久寺(目黄不動)」

他に玉姫稲荷神社長国寺飛不動浄閑寺永久寺(目黄不動)があります。

【浅草】玉姫稲荷神社へ行ってきた【東京の神社】 【浅草】東京で唯一酉の市が開催されるお寺!長国寺(酉の寺)へ行ってきた【東京の寺院】 【浅草】飛不動へ行ってきた【東京の寺院】 【三ノ輪】新吉原の遊女にご縁がある浄閑寺(投込寺)へ行ってきた【東京の寺院】 ちくの東京五色不動尊めぐりその2〜永久寺(目黄不動尊)編〜

その他の台東区の神社仏閣記事はこちら

他の台東区の寺社をまとめた記事はこちら!

【御朱印情報も満載!】東京都23区の【台東区】にある神社仏閣まとめ

その他の東京の神社仏閣まとめ

その他の東京の神社仏閣をまとめた記事はこちらの2つ!

毎月要チェック!東京都内で限定御朱印や月替わり御朱印が頂ける社寺まとめ 初心者にもおすすめしたい東京の御朱印を頂くことが出来る神社やお寺総まとめ【現在275箇所】

1人で行くのは不安…効率良く人気の寺社を巡りたい!

そんな人にバスツアーをオススメします!

人気の神社仏閣、観光地を巡るツアーをクラブツーリズムで探してみましょう!

中には御朱印巡りツアーや、ツアーでしか頂くことが出来ない御朱印もあるんですよ〜

バスツアーは神社仏閣&御朱印巡り好きさんとも繋がれるきっかけになりますよ〜

ちく

アマゾンで本を購入して情報収集するのもおすすめですよ~!

広告




ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。