【鎌倉】鶴岡八幡宮へ行ってきた【神奈川の神社】

ども!ちく(@chikuchanko)です。

 

今回紹介するのは、鎌倉一の有名な神社の鶴岡八幡宮です。日本三大八幡宮の一つで、流鏑馬神事が有名な神社です。

鎌倉といえばここと言う観光スポットの一つです。

 

神社の概要

  • 御祭神:応神天皇、比売神、神功皇后
  • 御利益:仕事運、健康長寿、家庭円満、縁結びなど
  • 例大祭日:9月15日
  • 創建:1063年
  • 御由緒

当宮は康平6年源頼義が奥州を平定して鎌倉に帰り、源氏の氏神として出陣に際してご加護を祈願した京都の石清水八幡宮を由比ヶ浜辺にお祀りしたのが始まりです。

その後、源氏再興の旗上げをした源頼朝公は、治承4年鎌倉に入るや直ちに御神意を伺って由比ヶ浜辺の八幡宮を現在の地にお遷しし、 建久2年には鎌倉幕府の宗社にふさわしく上下両宮の現在の姿に整え、鎌倉の町づくりの中心としました。 また、頼朝公は流鏑馬や相撲、舞楽など、今日にも引き継がれる社頭での神事や行事を興し、 関東の総鎮守として当宮に厚い崇敬の誠を寄せたのです。 以降、当宮は武家の精神のよりどころとなり、国家鎮護の神としての信仰は全国に広まりました。 当宮への信仰を背景に鎌倉を中心として興った質実剛健の気風は、その後「武士道」に代表される日本人の精神性の基調となりました。 現在では国際的史都鎌倉の中心的施設として国の内外より年間を通して数多の参拝者が訪れます。

現在の御本殿は、文政11年、江戸幕府11代将軍徳川家斉の造営による代表的な江戸建築で、 若宮とともに国の重要文化財に指定されています。 深い杜の緑と鮮やかな御社殿の朱色が調和する境内には源頼朝公、実朝公をお祀りする白旗神社をはじめとする境内社のほか、 静御前ゆかりの舞殿や段葛が八百年の長い歴史を伝えています。

 

※公式サイトより引用

 

実際の様子

実際に撮影した写真を載せながら紹介していきます。何度も参拝している神社なので、色々な写真を撮っていますよ~!

二の鳥居から段葛を通り、鶴岡八幡宮へ

鎌倉駅東口から歩いて若宮大路のほうへ向かうと、鶴岡八幡宮へ向かって真っすぐに伸びる参道があります。

この写真に写っている鳥居が鶴岡八幡宮の二の鳥居。

ここからまっすぐ続いている参道は段葛(だんかずら)と言います。春には桜が綺麗に咲いている、鶴岡八幡宮へ続く参道です。

 

桜が咲いているシーズンの段葛。

とっても綺麗ですね!

 

段葛の終点はこのようになっています。

この鳥居の先に鶴岡八幡宮があります。

 

手水舎までの道

本宮(参拝する場所)までが長い境内、参道をまっすぐ進んで境内を散策します。

こちらの石橋は通行不可です。橋の先に見えているのは本宮です。

 

橋の先はまだまだ続いています。

この参道の左右には、休日は屋台が出ていますよ!

 

手水舎

こちらの手水舎で手を清めます。

立派ですなぁ。

 

雨の日に参拝した時に撮影した写真。

こちらで手を清めます。

 

本宮

この神社の参拝する場所は本宮です。長い階段の先にあります。

先ほど橋から見えていたのはこの門です。

この先にお賽銭箱があり、参拝することが出来るのですが、撮影禁止なのでここまでしか撮影していません。

 

雨の休日の様子。

雨の日でもたくさんの参拝客がいることがわかります。

 

旗上弁財天社

鶴岡八幡宮の境内にある旗上弁財天社はたあげべんざいてんしゃ。境内にある源氏池の中央にあります。

こちらは鎌倉江ノ島七福神の弁財天の御朱印を頂ける場所です。

遠くから旗上弁財天社を見る写真。中央に朱色の橋があるのがわかります。

実際に向かいます。

桜の季節に行きました。

鳥居の上に白い鳩のカップルが…!あ~~~たまらぬ。

橋の途中から見る景色。風で桜の花びらが散っていて綺麗でした。

鴨が泳いでいました。

 

鳥居の先に進みます。

手水舎があるので、こちらで手を清めます。

 

こちらが社。

多紀理毘売命、市寸嶋比売命、多岐都比売命の3人が祀られています。

この奥には政子石と言う石があります。

 

先ほどの鳥居の上をよ~く見ると、木には鳩がいっぱい!

画像をクリックして拡大するとわかると思います。

 

旗上弁財天社の社務所は鶴岡八幡宮の社務所とは別にあります。

こちらの社務所では鯉のエサが50円で売られています。

このエサは鯉だけでなく鳩や鴨などにもあげることができますよ!

鯉や鳥と触れ合いたい人はエサを購入してあげてみましょう。

 

雨の日の境内で見つけた風情のある景色

雨ふる境内には、風情のある景色がいっぱいです。

何枚か写真を撮ったので、載せていきたいと思います。

 

鳥居のある景色その1。

鳥居と雨に濡れた地面が綺麗な景色です。

 

鳥居のある景色その2。

手水舎の裏側で見かけた景色です。

雨の日はこういう道がいつもより綺麗に撮れる気がします。

 

橋のある景色。

こちらも雨の日でいつもより綺麗に景色が綺麗に見えている気がします。

自分で良いと思った景色をピックアップしてみました。

他にも旗上弁財天や境内にある池など綺麗な所がたくさんあります。

 

可愛い鳩みくじ

鶴岡八幡宮限定の鳩みくじです。

初穂料は200円。

写真右側に200円を入れて、左側から自分でおみくじを選んでひきます。

中に入っている鳩みくじはこんな感じです。

私のひいた物は水色でしたが、色は様々で、何種類かあります。

開けると、おみくじと可愛い鳩の根付が入っています。

鳩の根付、可愛いですよね!

鶴岡八幡宮限定なので、こちらのおみくじ、参拝と合わせて是非ひいてみてください。

 

境内の鳩

境内にはたくさんの鳩がいます。

朝9時過ぎに行った鶴岡八幡宮の源氏池の前ではたくさんの鳩が休んでいました。

真っ白な鳩もたくさんいます。

割と近付いて撮影したのに、逃げずにもっふりしてます。かわいい。

 

御朱印

何度も参拝している鶴岡八幡宮。御朱印も参拝する度に頂いています。

以前は初穂料300円でしたが、現在は500円です。

2015年~2017年5月に頂いた鶴岡八幡宮の御朱印

初穂料300円の時に頂いた御朱印です。

 

2017年9月と2018年2月に頂いた御朱印

「相州鎌倉鎮座」の印が右上に追加された現在頂ける初穂料500円の御朱印です。

2018年4月に頂いた御朱印

こうしてみると良くわかりますが、書き手の方がたくさんいることがわかりますね。

 

2016年5月に頂いた旗上弁財天社の御朱印

ここからは旗上弁財天社で頂いた御朱印を載せていきます。

初穂料は300円。

鶴岡八幡宮の御朱印を頂く場所とは別の場所で頂けるので間違わないように注意しましょう。

2017年12月に頂いた旗上弁財天社の御朱印

2018年4月に頂いた旗上弁財天社の御朱印

2019年5月に頂いた御朱印

令和になりはじめて頂いた鶴岡八幡宮の御朱印はこちらです。

限定御朱印情報

こちらの神社では限定御朱印は登場しません。

 

八幡宮の御朱印帳

鶴岡八幡宮のオリジナル御朱印帳の一つがこちら。

初穂料は1500円です。現在は値上がりして1800円になりました。

桜並木が綺麗な鶴岡八幡宮の境内が描かれている御朱印帳です。

大判サイズの御朱印になります。

 

鳳凰の御朱印帳

2019年5月に頂いた御朱印帳はこちら。新しく登場していた御朱印帳の1つです。

初穂料は1500円。

 

オレンジと緑色の鳳凰が描かれている御朱印帳です。

こちらは小さいサイズの御朱印帳です。

 

アクセス

住所 神奈川県鎌倉市雪ノ下2-1-31
電話番号 0467-22-0315
開門時間 24時間境内に入ることは可能です
御朱印受付時間 9:00~17:00
駐車場 無料駐車場はありません。
最寄り駅からのアクセス JR・江ノ電「鎌倉駅」東口より 徒歩10分
公式サイト こちら

広告



ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。